姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

Google or AdMax Promotion (hmj_ad)

姫路城東側通路を子連れで通行する場合はご注意を!(喜斎門跡・美術館方面)

      2017/12/23

2017/04/01(土)から通行規制が解除された姫路城の東側通路には、
現在も仮設用の柵が設置され、修復された土手に近づけないように安全処置がされています。
大人であれば危険性を理解した上で必要以上に近づかず問題はないと思いますが、
子供連れで東側通路を通行される際には、
お子様の手を離さないなどご注意の上で通行される必要があるかと思います。

2017/12/22追記
追記が遅くなりましたが、東側通路は2018/1/15まで再度通行止めとなっています。
工事期間は2017/9/21~2018/1/15までとなっています。ご注意ください。

尚、この工事が終了すると本記事でご紹介の仮設手摺が、
本施工の手摺に変わり、より安全に通行ができるようになります。
が、H30年度の改修予定が「帯郭櫓」を予定していますので、
再度、2018年の5月~6月頃には再度通行止めになることが予想されます。

 

姫路城東側通路を子連れで通行する場合はご注意を(喜斎門跡・美術館方面)

2017/04/24時点の三の丸広場北東から喜斎門跡へ抜ける東側通路です。
長い間通行規制が行われ、お花見シーズンから再度通行が可能になっています。

caution-east-passage-with-children_01

東側通路仮設手摺設置模様・姫路城東側通路にご注意

こんな通路の撮影をしているのが勿体ないほどにいい天気になりました。
いつもご紹介していますが、姫路城の東面(喜斎門跡など)の撮影は、
晴れた日の午前中がベストです。

この日も撮影は午前9時前後に撮影をしています。

caution-east-passage-with-children_06

晴れた日の午前中が東面はベスト・喜斎門跡

 

さて話は戻りますが、3月末に修復を終えた土手の法面です。
結構な高低差のある斜面になっていますので、のぞき込むと結構恐怖感はあります。

caution-east-passage-with-children_02

土手法面の急勾配・姫路城東側通路にご注意

ちなみにこの土手の仕上げは、これで終わり?
そう思われるかもしれませんが、徐々に植栽が生えてくることで完成する
自然との調和(自然の力を活かした)を考えた工法なのです。

 

2017/04現在、この通路に施工されている仮設の柵は、
工事用の単管パイプ製の柵に、照明が入ったパイプ状のホースが巻かれたものになっています。

大人であればこれで十分に近づかないことと思います。

caution-east-passage-with-children_03

仮設手摺の工事用照明ロープ・姫路城東側通路にご注意

 

丁度、同じ場所から斜面の下(ここは石垣上で崖)をのぞき込んでいます。
これ以上は自分が危険と言うか、柵に入れないので精いっぱいですが、
十分に恐怖感は感じます。高低差は10mといったところでしょうか。

caution-east-passage-with-children_04

石垣上からの高低差・姫路城東側通路にご注意

 

柵の高さは大人男性の股下とほぼ同じくらいの高さです。

caution-east-passage-with-children_05

仮設手摺は大人股下の高さ・姫路城東側通路にご注意

 

Google or AdMax Promotion (hmjinline)

三の丸広場で遊んだテンションの子供には走らないようしっかり注意を

その為、子供などが周りを走っていて躓いた拍子に、
ホースの隙間から土手の下に落ちてしまわないとも言い切れない隙間になっています。

三の丸広場などでは子供たちを自由に走りまわらせて、
遊ばせることができ、子供たちは大喜び!ハイテンション!となりがちです。

「じゃぁ帰るよー!」となって駐車場へ戻る際に、
この東側通路を通る場合もあるでしょう。

子供は遊んでいた時のテンションで走り回るかもしれません。

ですが、

この東側通路を通る際には、ちょっとだけ我慢。
この仮設通路を通り切るまでは子供の手を離さず、目を離さず注意しておいた方がいいでしょう。

こんなこと言われなくても分かっていると思われることと思いますが、
初めて通る方は、子供だけが先に走っていってしまって、
後から危ない場所だったことが分かり、胸を撫で下ろすこともあるものです。

出来る限りは、走らず、子供の手を離さず。

 

混雑期であるお花見、GWの混雑緩和の為に、
一時的に柵を設置して開放してくれている(と見える)この通路です。
※後日正式な柵の設置工事はあるでしょう。

姫路城にくる人も、事故にならないように十分に注意して姫路城を楽しみましょう。

事故があればすぐに通行制限が再開され、また長い期間の迂回を余儀なくされるでしょう。

 


 - 03.インフォメーション

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略

  関連記事

eye_extra-bicycle-parking
【撤去済:喜斎門跡へ】三の丸広場(東側)に臨時駐輪場が再度設置されています(2017年お花見期間)

姫路城へ自転車で来た場合には基本的には、 姫路城の東「喜斎門跡」付近の駐輪場に停 …

eye_cherry-blossoms-night2017_5rd
世界遺産 姫路城イルミネーション(仮称) イメージを神戸新聞が公開(2017.11)

2017年11月に開催が予定されている「世界遺産 姫路城イルミネーション(仮称) …

eye_gw1stday2017
【大入】2017/5/4(木)GW本番初日は整理券配布終了の大盛況に!

2017年のゴールデンウィーク(GW)本番が始まった初日の姫路城は、 朝から長蛇 …

eye_pinkribbon_pre
【雨天決行!10/01】世界遺産姫路城がピンクにライトアップ!

本日、10/01にピンクにライトアップが行われます。 以前、ブルーにライトアップ …

eye_window-of-vision-ar_marker-opend
「幻の窓」ARマーカーが大天守6階で公開されるようになりました。

これまで一時的に非公開になったり、1Fに移動されたりと、 なかなか出会う機会の少 …

eye_himeji_bus_pin_ghd
神姫バス(姫路城)の正月運行は2017年1月1日~1月3日まで正月ダイヤ運行されます。

神姫バスは姫路駅から姫路城へ行く際に利用すると便利なバス会社です。 神姫バスでは …

eye_6f-installation-gridnet
大天守6階の窓に設置された格子網が痛々しいことに

2015年夏に確認することができるようになった、 姫路城大天守6階窓に設置された …

eye_grand-opening
2017年度(2018.2) 姫路城・冬の特別公開 開催概要(備前門の「折廻り櫓」内部公開は9年ぶり! 2018.2.1-2.28)【終了】

2017年の姫路城冬の特別公開の情報が公開されています。 平成21年秋に公開が行 …

eye_cherry-blossoms-night2018_1st
プレス(報道関係者)は4/2の「夜桜会 試験点灯」で西の丸夜間撮影できます【終了】

姫路市の「姫路城 夜桜会」の公式プレス発表で告知の通り、 2019年の「姫路城 …

eye_3dproj_2015
姫路光絵巻『HAKUA』開催予定(5/3~5/5)|3Dプロジェクションマッピング2015

ついに明日(2015/05/03~)より姫路城大天守にて、 3Dプロジェクション …