姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

Google or AdMax Promotion (hmj_ad)

【完了】リの一渡櫓・二渡櫓の修復がほぼ完了。足場解体が進行中!

      2017/03/04

長く覆いに被さって姫路城の南面からのビューを邪魔してきた、
「リの一渡櫓・二渡櫓の修復工事」がいよいよ終了を迎えます。
後数日で覆いのすべてが撤去され、
南面からの姫路城が美しく記念撮影ができるようになります。

 

リの一渡櫓・二渡櫓の修復がほぼ完了。足場解体が進行中!

平成27年11月~平成29年3月までの工程で開催されている
「姫路城リの一・リの二渡櫓保存修理工事」がいよいよ終盤を迎えています。

当初は以下のように工事が開始され、見学施設などが設置されましたが、
今は、その見学施設も解体されています。

姫路城リの一・リの二渡櫓保存修理工事の見学施設を設置します

姫路城リの一・リの二渡櫓保存修理工事が11月から始まります。工事現場に見学デッキを設置し、瓦葺きや漆喰塗作業などの姫路城を守り伝える匠の技が間近で見ることができます。

(中略)

工事(屋根替部分修理)の概要

  • 瓦葺き直し  屋根面積 約490平方メートル(リの一:約230平方メートル、リの二:約260平方メートル)
  • 木工事      野地板、垂木、瓦桟他部分取替え
  • 漆喰塗替え  屋根目地漆喰総塗替え、壁・軒揚げ漆喰部分塗替え
  • 工事期間    平成27年11月~平成29年3月

添付資料 

(引用)姫路市|姫路城リの一・リの二渡櫓保存修理工事の見学施設を設置します

 

この工事の影響は、姫路城に来た観光の方にとっては、
結構甚大(?)な影響がありました。

そうなんです。ガッカリビューだったんです。
地味に映り込む工事の覆いが。

cherry-blossoms20160322_04

三の丸広場

 

そんな足場が現在は着々と解体されています。

ri1-ri2_tower_done_10

リの一・二渡櫓全体(三国堀)・リの一・二渡櫓修復完了

 

もう既に屋根部分の覆いが取れ、鮮やかな白漆喰の屋根が輝くようになっています。
大天守の6階から見下ろすと、その白さが引き立ちます。

ri1-ri2_tower_done_01

大天守6階からのリの一・二渡櫓・リの一・二渡櫓修復完了

 

修復の後の鮮やかさはまぶしいくらいです。
修復していない「チの櫓」と「ぬの門」の屋根の色とは明らかに違います。
※左から「チの櫓」「リの一渡櫓」「リの二渡櫓」「ぬの門」

ri1-ri2_tower_done_02

大天守6階からのリの一・二渡櫓(拡大)・リの一・二渡櫓修復完了

 

鮮やかさは二の丸から、リの一渡櫓、リの二渡櫓に寄ってみると、
白壁の美しさが目に飛び込んできます。

見学施設も解体され、工事用の備品の撤去待ちといった状態です。

ri1-ri2_tower_done_03

リの一・二渡櫓全体(二の丸)・リの一・二渡櫓修復完了

 

未修復の「チの櫓」です。
せっかく覆いをしたのだから一緒に直せばいいのに・・・と思いましたが、
色々と計画によっ遂行されているのでしょう。

ri1-ri2_tower_done_04

チの櫓は未修復・リの一・二渡櫓修復完了

「チの櫓」の次回修復の予定は「平成33年度(2021年度)」とされています。

当初は「リの一渡櫓」は平成33年度(2021年度)修復予定で、
「リの二渡櫓」は平成30年度(2018年度《来年》)の予定とされていました。
結果、リの二渡櫓の修復予定、リの一渡櫓共に前倒しで修復されたことになります。

 

チの櫓から伸びるリの一渡櫓です。
白さが鮮やかで修復を終えた屋根を間近で見られるようになります。

ri1-ri2_tower_done_05

リの一渡櫓修復完了・リの一・二渡櫓修復完了

 

リの二渡櫓も綺麗に修復を終えています。

ri1-ri2_tower_done_06

リの二渡櫓とぬの門・リの一・二渡櫓修復完了

 

繋がっている「ぬの門」は一切修復がされていませんが、
「ぬの門」は平成30年度(2018年度)の修復が予定されています。

少し立ち位置を変えると壁面の鮮やかさが増します。

ri1-ri2_tower_done_07

リの二渡櫓修復完了・リの一・二渡櫓修復完了

 

こうして、リの一渡櫓、リの二渡櫓が修復を終え、
覆いが取れたことによって、これからは南面のビューが再びすっきりとする事でしょう。

2017/03/03追記・画像差替
覆いが完全に撤去され南面が綺麗に見えるようになりました。

clear-landscape-sannaru_01

覆いのない姫路城南面・南面からの姫路城が美しく撮影可能に

(差替え前画像 2015/04/27撮影)

 

なんとなく綺麗になったなーと通り過ぎてしまうリの一渡櫓、リの二渡櫓周辺ですが、
ふと立ち止まってよく見ると、職人魂を感じることができます。

 


Google or AdMax Promotion (hmjinline)

 - 04.雑談

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略

  関連記事

eye_klaubautermannchen
ウソップに重なる愛、姫路城は愛され続けクラバウターマンが宿る?!

姫路城内の天守各所で昭和の大改修に携わった 職人たちの精一杯の想いを感じ取ること …

eye_datemaki_yamasa2019
ヤマサ蒲鉾(謹製) お年賀「伊達巻」が旨い!なぜ話題にならないの?(2019年版)【終了】

昨年末(2018年)に偶然知った、カマボコメーカーの作る「伊達巻」が、 カマボコ …

eye_harakiri-rock-extreme-breakage
姫路城の石垣は大丈夫か?風雨も侮れない石垣と法面(のりめん)の膨らみ

石垣は長い年月に渡って安定した地盤を形成することができ、 21世紀の現代において …

eye_daiso-mobile-battery
モバイルバッテリーがついに100均で手に入る時代。旅先で気軽に買える価格が魅力的。

姫路駅前が不便だなと思う点の一つが「家電量販店がない」ということです。 駅前とい …

eye_cherry-blossoms20180323_uchi
何でオマエは「姫路城の咲く前の桜」ばっかり紹介しているの?

グランドオープン以降当サイトでは姫路城周辺の桜に関しての開花状況をお知らせしてい …

eye_too-white-himejicastle
「白すぎ城が黒ずんだ?論争」に白黒つけようか?白漆喰この2年の変貌(2016/03)

姫路城がグランドオープンを迎え、白すぎ城と揶揄されていたのを懐かしく思います。 …

eye_memorial-tower-of-the-air-strikes
「太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔」は姫路に来たなら立ち寄りたいスポット(手柄山)

姫路に旅行などできた際に「姫路城は見た。じゃ、次は?」となりがちです。 通常であ …

eye_covered-sky-egret-sheet
平成の大改修で姫路城を覆ったシートが姫路城周辺で今も見れる。どこのシートか探してみたら楽しいかも?

2015年のグランドオープンから3年近くが過ぎ、平成の大改修を行っている頃の 姫 …

eye_freshness_burger
姫路に『フレッシュネスバーガー』がついにオープン!

『フレッシュネスバーガー』をご存知ですか? 関東では結構人気のハンバーガーショッ …

eye_day-trip-on-eva500
【終了】エヴァンゲリオン新幹線(500 TYPE EVA)日帰り旅行を敢行!(5/13まで)

2018/5/13(日)で終了する「500 TYPE EVA PROJECT」 …