姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

Google or AdMax Promotion (hmj_ad)

平成の大改修で姫路城を覆ったシートが姫路城周辺で今も見れる。どこのシートか探してみたら楽しいかも?

   

2015年のグランドオープンから3年近くが過ぎ、平成の大改修を行っている頃の
姫路城の記憶はだんだんと薄れてきています。
「天空の白鷺」という工事模様が見れる施設が併設された大きな覆いに囲まれた頃のことです。
しかし実は姫路城・姫路駅周辺で天空の白鷺の面影を感じることができる場所が実はあります。
今回はそんなどうでもいいかもしれないことについてご紹介します。

 

平成の大改修で姫路城を覆ったシートが姫路城周辺で今も見れるんです

平成の大改修が終わりを迎えた頃の姫路城の姿です。

01_天空の白鷺と大屋根

天空の白鷺と大屋根

 

近くに寄ってみると、大きく実寸で書かれた姫路城大天守の迫力が伝わります。

壁面に描かれた姫路城の大きさがなんとなくわかります。

16_天空の白鷺と大屋根直下

天空の白鷺と大屋根直下

尚、この写真は以下で以前ご紹介したものになります。

 

改修が終わって、実際に似たような場所から天守を見上げてみます。
少し離れていますが、このアングルなんかが上層までよく見えています。

vs-honmaru_08

本丸(備前丸)から南西天守群

 

実際のところは平面に書かれた覆いと、立体で奥まった大天守では、
似たような所からでも、こんな感じに見え方が違っているだろうなと思います。

vs-honmaru_07

本丸(備前丸)からの見上げ

 

少し、話がそれてしまいましたが、最初の写真がほぼ正面からみた覆いになります。
拡大して、覆いだけにフォーカスしてみます。

天守をすっぽり覆う素屋根の周囲を、大天守がプリントされたシートで囲んでいます。

covered-sky-egret-sheet_01

天空の白鷺・天空の白鷺カバー展示

 

このシートが現在も無骨な工事現場をひっそりと飾っています。

1.姫路城入城口西側・現場事務所壁面展示

こちらは姫路城の三の丸広場の西側(千姫ぼたん園北側)に位置する
迎賓館の脇に建っている「工事用・城内スタッフ用事務所」の壁面を飾っています。

covered-sky-egret-sheet_02

現場事務所壁面・天空の白鷺カバー展示

 

プレハブの壁面を姫路城の一部分をデザインとして取り入れ、
平成の大改修シートで飾ってあります。

covered-sky-egret-sheet_03

天守素屋根壁面シート1・天空の白鷺カバー展示

ここには特に「当時のシートです」などの記述はありません。

その為、私は全く気にしてもいませんでしたが、芳賀 一也 先生 に教えて頂き認識することができました。
※「芳賀 一也 先生は姫路を代表する郷土史家の先生です。また以下の代表を務められています。
ハガフォトスタジオ / 姫路城下町ギルド|Facebookページ (ブックカフェ&コワーキング)
※(不定期で)定期的にw『芳賀先生と行く(姫路城)「○○ツアー」』を開催してくださいます。

ご興味がありましたらリンク先の情報でご確認下さい。

 

2.JR姫路駅東・ホテルモントレー姫路新築工事現場内

もうひとつ展示されている場所が2017年12月現在あります。

JR姫路駅東で着々と新築工事が進んでいる「ホテルモントレー姫路」の現場です。

【公式】姫路市(兵庫県)ホテル|ホテルモントレ姫路|2018年3月23日グランドオープン

この通り、3/23にはグランドオープンを迎えます。
この工事風景も残りわずかになってきました。2018年初頭には外構部分の工事は終了してくることでしょう。

covered-sky-egret-sheet_04

モントレー姫路工事現場展示・天空の白鷺カバー展示

 

こちらはなんだかすごくいい場所を貰って展示しているような気がします。
姫路城の中央部分のように見えます。

こちらにはしっかりと、
「平成の大改修のときの実際の外部シートの一部です!」と書かれています。

covered-sky-egret-sheet_05

天守素屋根壁面シート2・天空の白鷺カバー展示

 

他にもきっとあるはず!

私は現時点で上記2箇所しか設置場所を知りませんが、
姫路市さんのことですから、しれっとどこかに貸出て展示をしていることだろうと推測します。

探すならやっぱり駅の北側で、現在工事中のエリアだろうなと推測しますが、
また時間を見て、探してこようと思います。(ないかも)

 

Google or AdMax Promotion (hmjinline)

現在の展示シートはどこで使われていたものか?

せっかくですので、現在展示されているシートが、当時どのあたりにあったものかを見てみましょう。

工事用のシートは縦長のシートが繋がって1つのキャンバスになっていました。
そのそれぞれのシートを、
現場の設置スペースに合わせてサイズを調整(丸めたり、曲げたり?)して設置をしているようです。

黄色い線が目視確認で分かる範囲の分割線で「1枚のシート」で構成している部分を表しています。
その分割されたシートを複数枚移設して、赤線の部分を展示して見せていると見て取れます。

covered-sky-egret-sheet_06

元の使用位置推測・天空の白鷺カバー展示

 

こうしてみると、もっともっと飾れる部分が残っていそうな気がしますが、
よく見ると、飾りたい部分のいい場所に分割線が来てしまっていたりで、展示も難しいのだなと感じます。

個人的には1枚でもちょっと欲しいなと思ったり(使いみちがないw)

 

残りは、やっぱり市役所内なんかにも設置されてるかもしれませんねぇ。。。

 


 - 04.雑談

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略

  関連記事

eye_art-exhibition-is-not-easy
「重要文化財 x アート展示」は楽じゃないんだぜ?(たぶん)施工にみる努力の結晶!

現在、姫路城で開催されている「姫路城 x 彩時記(2017)」は、 重要文化財で …

eye_wisteria-flowers20190422
姫路城周辺の「藤棚」が順次開花!少しずつ見頃を迎えていきます

姫路城周辺のソメイヨシノが終わる頃、各所で遅咲きの桜が見頃を迎えます。 それと同 …

eye_vs-ha-gate-south
4/5(金)~以降 姫路城内一部通行制限・はの門内側行列で観覧制限あります(又はろの門内)

2019年も混雑期の姫路城運営が始まっています。 天守閣への入場規制として待ち行 …

eye_too-white-himejicastle
「白すぎ城が黒ずんだ?論争」に白黒つけようか?白漆喰この2年の変貌(2016/03)

姫路城がグランドオープンを迎え、白すぎ城と揶揄されていたのを懐かしく思います。 …

eye_himejicastle2015-august27
どんなことでも「言葉」で言ってもらえるとやっぱり励みになります

「姫路城」に特化してサイト運営を行っている当サイト 「姫路城(世界文化遺産)おす …

eye_ro-gate
うっかり爆破された「ろの門」悲劇の歴史(姫路城内で爆薬を使った撮影が!?)

国宝で世界遺産でもある姫路城(連立式天守群)のある姫路城内で、 爆薬を使用した映 …

eye_cherry_blossoming2015_p2
入城制限に【達しない】のではなく、入城制限ギリギリへの【調整が秀逸】な運営

姫路城大天守登閣への1日の登閣者数が、 2015/04/02に「14,806人」 …

eye_web-purchase-procedure-kirameki
どう演出される?「世界文化遺産 姫路城 ナイトアドベンチャー 煌 ~KIRAMEKI~」【終了】

普段は見ることができない角度からのライトアップ姫路城を望むことができる 「世界文 …

eye_shiromaru
しろまるひめの誕生日は4月6日・ハッピーバースデー!

姫路市の公認キャラクターであるゆるキャラ「しろまるひめ」 この「しろまるひめ」は …

eye_cherry-blossoms-night2017_3rd
「夜桜会」のチャンスは4/7華金の夜、進む開花と雨の合間に。姫路城2017

2017年の桜の見頃と天気の相性が悪く予定を立てにくい日々です。 そんな中、土曜 …