姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

Google or AdMax Promotion (hmj_ad)

(解除)大天守6階「東西南北」ARマーカーが本格的に利用停止中

      2016/07/18

姫路城のグランドオープン以降に公開され利用されている
「姫路城 大発見!(ARアプリ)」ですが、
大天守内の内覧者混雑緩和を目的として、
現在一部のコンテンツの利用を一時停止されています。
大天守6階の「東西南北」のARマーカー(AR案内板)が、
本格的な目隠しによって一時停止状態になっていました。

2016/07/18追記
東西南北ARマーカーが再公開され復活していました。

※混雑期には再度、公開が停止される可能性もあります。
※ARマーカー・アプリの利用は現地の指示に従ってご利用ください。

 

「東西南北」ARマーカーが本格的に利用停止中

「姫路城 大発見!(ARアプリ)」が公開されて、
各所に設置されたARマーカーをスマホで読み込んでいると、

  • スマホを出して・・・
  • アプリをダウンロードして・・・
  • アプリを起動して・・・
  • 使い方を試行錯誤して・・・

 

ちょっとアプリを触ってると5分くらいがすぐに経ってしまいます。

混雑するだろうなーとは以前より思っていました。

その為、現在は一部のコンテンツ利用を停止する処置が行われています。

 

一部のARマーカーは撤去され、
一部のマーカーは上から覆いがされるという形で回避されています。

そんな中、非常に綺麗に変更されていたのが「東西南北」のマーカーです。

「東西南北」利用停止前後のマーカー

2015/04/16現在は、
以下のように正式な案内板かと見間違えるほどに、
綺麗なパネルで覆いがされている状態になっています。

この状態ではARマーカーとして認識されず、
アプリによる認識も行えない状態になっています。

ar-marker_17

利用停止中の東西南北ARマーカー

 

「大天守内覧会(2015/03/24,3/25)」の頃と
グランドオープン後の数週間の間は、

大天守6階の「東西南北」のARマーカー(AR案内板)が、
ARに対応したものが設置されていました。

ar-marker_16

運用中の東西南北ARマーカー

 

この「東西南北」のパネルを実際に読み込むと、
大天守の6階からの眺望をタイムスリップして、

当時の姫路城から見た風景がCGで再現され、
カメラで映した映像とAR技術を利用して合成されて表示されるというものです。

それが大天守6階に設置されたARマーカーからは、
利用ができなくなっているという事です。
※アプリ自体の機能は継続して利用可能です。

 

補足として、
大天守6階の「幻の窓」のARマーカーは、
一時的に撤去されていました。

hidden_windows_01

幻の窓(AR案内板)

というか、もし設置されていても、
5階に降りる人たちの足元で蹴られるだけの状態だったと思います。
空いている平日でその状態でしたので、
週末にはまず設置できないでしょう・・・。

 

今回の対応がいつまで継続されるかは現時点では不明ですが、

少なくとも5月のゴールデンウィーク、
そして8月のお盆という混雑期が過ぎるまでは、

使えたり、使えなかったりという混乱を防ぐためにも、
一律で利用停止していくのではないかと思います。

毎年、年末ごろには姫路城の混雑は減り、
落ち着いてくるという傾向がありますので、
その頃には、そうした利用停止処置も緩和されてくるでしょう。

 

Google or AdMax Promotion (hmjinline)

大天守6階以外であれば利用可能

今回の処置は大天守内覧をより多くの人に、
スムーズに見てもらうことを目的としての混雑緩和策ですが、

アプリ自体の利用は継続されていて、
「東西南北」をはじめとした、
利用停止中のものであっても使える状態にはあります。
※2015/04/16現在

 

混雑しない場所であればARマーカーさえあれば、
コンテンツを呼び出すことができます。

その為にも、以下ですべてのARマーカーを、
コツコツ撮影してきたものを公開しています。

 

「PCとスマホ」「スマホとスマホ」など、
画像を表示する端末がもう一つあればARコンテンツを楽しむことができます。

登閣までの待ち時間などを有効に活用するために、
こうしたコンテンツで遊びながら待ってみてはいかがですか?

 


 - 03.インフォメーション

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略

  関連記事

eye_cant-see-ru_gate
【終了】2016/03現在「るの門跡」を見ることができません・リの一渡櫓・リの二渡櫓 保存修理工事中

姫路城ではグランドオープン一年後の2016/03/27現在は、 「リの一渡櫓・リ …

eye_2018625134634
姫路城2018年冬のイルミは「プロジェクションマッピングとレーザー」の競演!【祝賀】姫路城世界遺産登録 25周年【終了】

毎年姫路城の冬に行われるライトアップ・イルミネーションのイベントが2018年も開 …

eye_install-android
【期間限定】姫路の市街地情報を1アプリで確認できる「姫路いんふぉ」が公開

JR姫路駅から姫路城までの道のりは、様々な商店街が立ち並び、 小規模店舗が多く連 …

eye_cherry-blossoms-ready
夜桜なら週末(4月3日)を待たずに旨い酒が飲めるぞ姫路城!

昨日、姫路城の2015年桜の開花予想を2015/04/03(金)と予想しました。 …

eye_egret-himeji_beer
展望Beer Garden 開催(5/22-8/30)!!イーグレー姫路(屋上・夜景)

姫路城の絶好の撮影スポットである「イーグレー姫路(屋上)」が、 2015年5月に …

eye_himejicastle2014-september7
姫路城の登閣整理券は当初「15,000人/日」に限定されます

姫路城のグランドオープン直後と繁忙期には登閣整理券が配られます。 登閣整理券は現 …

eye_himejicastle_orange2016
2017年 姫路城オレンジライトアップ 開催概要(2017.9.21)【終了】

2017年の姫路城オレンジライトアップの開催は既に決定され、 旅行関係者向けのニ …

eye_not-too-white-himejijo
かつての姫路城下を横切る「西国街道」の様子を知る冊子「姫路城下古道界隈」を発行

姫路城の歴史などの書籍を読んでいると、 今の街並みからはイメージができないような …

mt-shosha-2014_st05
書写山ロープウェイは運休しています(年次検査及び整備:2016/12/5~12/25)【終了】

姫路の観光先として姫路城と並んで人気のスポット「書写山」へは、 麓からロープウェ …

eye_cherry-blossoms-night2018_1st
2019/4/3~4/7『姫路城 夜桜会』の満開は後半!開催概要【終了】

姫路城で桜の季節の恒例行事「姫路城 夜桜会」が、 西の丸庭園(有料エリア内・無料 …