姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

タイムリーな姫路城観光情報


2020.05.23発表
再公開時期決定!5/28~有料エリア内覧可能に、大天守・百閒廊下内覧は6/15~
(詳細)【姫路城の一部公開再開について】|世界文化遺産・国宝 姫路城 便覧|姫路市

Google or AdMax Promotion (hmj_ad)

ダイヤモンド・プリンセス号の優先入城特典はスペシャル!搦手口の観覧が特別待遇に。

   

姫路城では安全上やメンテナンス上の理由でどこかが常に立入禁止になっています。
2019年現在でいえばグランドオープン以降ずっと立ち入る事ができない、
姫路城搦手口からの登閣ルートがそれです。(及び腹切丸)
しかし特別な選ばれし勇者になることで、この搦手に立ち入る事ができる特典を、
手に入れることができるかもしれない方法があるのです。

豪華客船の優先入城特典はスペシャル!搦手口の観覧が特別待遇に!

豪華客船は世界一周や日本一周など、長期クルーズ船で、
姫路市では「姫路港」への入港を積極的に誘致しています。

神戸新聞では以下のように報じています。

2018/5/26 06:30神戸新聞NEXT

VIP待遇でクルーズ船誘致 姫路城、開門前に特別入城

大型クルーズ客船の誘致に向けて、姫路市は2019年春、同船の乗客を開門前の姫路城に特別入城させる優遇措置を始める。この条件でツアー企画会社と交渉したところ、花見シーズンに英国船籍の豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」(乗客定員約2700人、約12万トン)など2隻の寄港が決まった。前例のないVIP待遇でクルーズ船を招き入れ、城下町の経済活性化を図る。(伊藤大介)
(中略)
クルーズ船誘致の最大の売りは、世界文化遺産の姫路城だ。花見の時期が最も人気があるが、花見シーズンは観光客が国内外から大挙するため、入城口に行列のできる日が多い。クルーズ船は出港時間の遅れを嫌うため、アピール材料にしづらかった。

このため市港湾振興室や姫路城管理事務所が協議し、一般開門の午前8時半より早く乗客を城内に入れる特別待遇を、開港60年を迎える19年春に実施することを決めた。清掃やごみ出し、職員の配置も前倒しする。この条件で、3月29日の「飛鳥2」(乗客定員約870人、約5万トン)、4月5日のダイヤモンド・プリンセスの寄港が決まった。

いずれも横浜港発着のツアーで、ダイヤモンド・プリンセスは姫路港で過去最大級だ。市港湾振興室は「両ツアーとも姫路城の花見が目玉の一つ。優先入城に反応してくれた」とする。

 ツアーは1人約15万~200万円で、購買力がある客の乗船が期待できる。市港湾振興室は「朝早くから姫路の中心部に入ってくれるので、飲食やお土産の購入でお金を落としてもらえれば」と期待している。

(引用) 神戸新聞NEXT|総合|VIP待遇でクルーズ船誘致 姫路城、開門前に特別入城
(Evernote) アーカイブリンク

寄港誘致策として、姫路城を全面押しして、
さらには開門時間を前倒しして、特別待遇で招き入れることを行っています。

これによって、乗船客は入城待ち行列がどんなに長くなる事が予想される日であっても、
開門前に入城して、人が少ない状態で姫路城内に入り、
出港予定時間に遅れることなく、姫路城観光を楽しむことができるのです。

その金額…「ツアーは1人約15万~200万円
できる体験…プライスレス…(金を払ってもそうそう立ち入ること出来ませんからね)

Google or AdMax Promotion (hmjinline)

2019/4/5のダイヤモンド・プリンセス号の寄港時特典(実績)

2019年の4/5と言えば、姫路市のソメイヨシノ満開宣言の前日です。
姫路城内は相当混雑した時期になります。

桜シーズンは市内外から多くの人が姫路城に来られますので、
当然待ち行列が発生します。(入城口前)

神戸新聞では入港時のニュースを以下のように報じています。

英国籍の大型クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」(11万6千トン)が5日、兵庫県姫路市飾磨区の姫路港に初入港した。県、姫路市による誘致や港湾整備の取り組みが実り、10万トンクラスの入港が初めて実現。1日限りの停泊だったが、外国人ら2千人以上の乗客が近郊の観光に繰り出した。
(中略)
この日は午前7時前、朝日に照らされた白い巨体が沖合に現れ、滑るように着岸。乗客は桜が咲き誇る絶好のタイミングを逃すまいと、バスなどで早朝の特別ツアーが組まれた姫路城や好古園、書写山などに出発した。(以下略)

(引用) 神戸新聞NEXT|姫路|「いつかはこんなぜいたくな旅を」10万トン級客船が姫路初入港 船内見学会も
(Evernote) アーカイブリンク

バスなどで早朝の特別ツアーが組まれた姫路城」と書かれています。

明確にどのようなツアーが組まれていたのかなど、
ダイヤモンド・プリンセスの旅行会社プランを見ても明確には書かれていません。

一つ参考になるのが姫路市内で過去に配布されていたリーフレットです。

※以下プランは既に終了しています。

この時の特別待遇についてはリーフレットに以下のように書かれています。

冬の朝、朝焼けの東の空に浮かび上がる朝日。
空気が澄んだ朝の時間、姫路城大天守から、ひと時だけの美しさを体験してみませんか。
本プランでは早朝の特別公開として、姫路城大天守の他、初公開となる東小天守をはじめ、
9年ぶりに公開の乾小天守、イ・ロ・ハの渡櫓など国宝5棟を見学いただき、ツアーの最後には
姫路城迎賓館で地元の食材を使った和定食をご堪能いただけます。
※曇天・雨天決行となります。天候により朝日が見えない場合があります。

 

この頃、姫路城の特別公開が実施されていた記事で、
公開エリアこそ、300円で一般の人も入れるエリアになっていました。

それでも乗船特典として、早朝の早い時間にスイスイと内覧ができたのです。

こうした特別待遇を、豪華客船のお客なら味わう事ができるのです。

 

尚、以下の特別待遇については何ら公式に公言されているものではありません。
「特別ツアー」とだけ書かれているものです。
ですので、必ずこうした搦手口入城が約束されている訳ではありませんし、
時期によって対応は異なってくるはずです。
その点はご了承頂きたくお願い致します。

2019/4/5のダイヤモンド・プリンセス寄港時に行われた特別待遇

公にはどこにも書かれていないのが惜しい所ですが、
姫路城内での取材にて、少し耳にした話として、
今回のダイヤモンド・プリンセスでは4/5にこのような対応があったようです。

優先入場特典で搦手口から650人を天守へ招き入れた。

 

搦手口には専用のバスを横付けするスペースもあり、
一般客とは別に入城させることができます。
団体客を城内に入れるには本当に便利な入口だと思います。

一般客に「ずるーい!」と見られることもありません。

搦手口(喜斎門跡側)から城内に入ると、
このような順路で文化財を見ることができます。

  • との四門
  • との三門(消失)
  • との二門
  • との一門
  • への門
  • ハの渡櫓(北腰曲輪)
  • 二の渡櫓(北腰曲輪)
  • ホの櫓(北腰曲輪)
  • ヘの渡櫓(北腰曲輪)

を潜り、一般客のルートに合流します。
そこからは、油壁(水の一門北方築地塀)や姥が石を見つつ、
水の一門を通って、城内に入っていきます。

この上でリスト化した重要文化財はすべて通常時非公開なエリアなのです。
写真すら撮影することはできません。

スペシャルなんです。

普段は立ち入ることができない非公開エリアが、
クルーズ客には公開されていることになる。

 

こういう特別待遇が、、、

ツアーは1人約15万~200万円
できる体験…プライスレス…(二度目)

 

高いとみるか、安いとみるか。

それはあなた次第。

姫路に住んでて、横浜港発の客船に乗るってなると、
横浜旅行に行って、楽しみつつ、
帰りは豪華客船でゆったり帰ってきて、地元姫路で姫路城がファイナル。

なんか、無駄に贅沢な旅ですよね(笑)

まぁ、姫路の先に行き先がありますので、
途中で旅を終えることは原則できないのでしょうけども。

さらば!我が姫路!って事になる訳ですが。
うーん、贅沢。

地元で観光するなんて、旅の中で恐らくは最も贅沢だと私は思う。
地元の旅行プラン、宿泊先って組み合わせは、
意識的にやらないと絶対に体験はしませんからね。

そこに自宅という宿があるのですから。(クルーズでは宿泊はしません)

 

尚、今後の寄港予定は姫路市サイトにて。

  • 飛鳥2:2019年3月29日(金曜日)18時00分(入港/50,142トン)【済】
  • ダイヤモンド・プリンセス:2019年4月5日(金曜日)7時00分(入港/115,875トン)【済】
  • カレドニアン・スカイ:2019年5月8日(水曜日)8時00分(入港/4,200トン)
  • ル・ソレアル:2019年5月25日(土曜日)17時00分(入港/10,992トン)
  • カレドニアン・スカイ:2019年6月10日(月曜日)8時00分(入港/4,200トン)
  • にっぽん丸(姫路港発着):2019年8月20日(火曜日)9時00分 (入港/22,472トン)
  • にっぽん丸(姫路港発着):2019年8月22日(木曜日)17時00分(入港/22,472トン)

姫路市|姫路港クルーズ船入港情報

ダイヤモンド・プリンセス…桁が一つ大きく、でけぇ…。。。

 


Google or AdMax Promotion (hmj_link)

 - 01.姫路城「グランドオープン」と推移, 03.インフォメーション , ,

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略

  関連記事

eye_web-purchase-procedure-kirameki
夜の有料観覧エリアからライトアップされた姫路城を見られるチャンスついに到来! 「煌~KIRAMEKI~」(通常立入禁止)【終了】

「世界文化遺産 姫路城 ナイトアドベンチャー 煌 ~KIRAMEKI~」が、 2 …

saijiki-with-blue2017done_16
【公式開催概要】2018年4月2日 ブルーライトアップ姫路城 「世界自閉症啓発デー」【終了】

国連が「世界自閉症啓発デー」に定めている4月2日。 「世界自閉症啓発デー」にはイ …

eye_cherry-blossoms-night2015
姫路城「祝賀 夜桜会」開催で幻想的な西の丸と姫路城の競演!

姫路城では昨日(2015/04/03)から、12日まで「祝賀 夜桜会」が開催され …

eye_sannnomaru-to-kisai-closed
【規制終了(解除)】三の丸公園⇔美術館方面 間の通り抜けができません(2016/07/12~2017/03/31)

喜斎門跡や姫路市立美術館、姫山駐車場など、 姫路城の東とのアクセスに利用する歩道 …

eye_can-see-ru_gate-rockline
るの門跡/石垣の稜線(継ぎ目のある石垣)付近に立入り可能になりました

昨年1年間の間、リの一渡櫓、二渡櫓の修復工事に伴って、 立入が制限され観覧するこ …

eye_hanabishi
【公開終了】姫路城・菱の門(内部)特別公開!から見る「菱の門」鉄壁の守り

2017/03/17まで特別公開されている「菱の門・門番所」は、 過去に一度も一 …

eye_himeji_bus_pin_ghd
神姫バス(姫路城)の正月運行は2017年1月1日~1月3日まで正月ダイヤ運行されます。

神姫バスは姫路駅から姫路城へ行く際に利用すると便利なバス会社です。 神姫バスでは …

2016102014543
姫路城2016の秋は備前丸が芸術に彩られます「姫路城×彩時記」冬-color of the season-開催

2016年12月01日から開催される『「姫路城×彩時記」冬-color of t …

eye_ticket-stop20150503
【最高更新!登閣制限実施】姫路城ゴールデンウィークの入城(入場)者数

ゴールデンウィークは3Dプロジェクションマッピングの 姫路光絵巻『HAKUA』が …

eye_vs-onna-zaka
元旦の姫路城の混雑状況は?2017年元旦、大盛況!

姫路城の元旦は「無料登閣」の日として毎年開催される有名な一日です。 元旦の姫路城 …