姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

タイムリーな姫路城観光情報


Google or AdMax Promotion (hmj_ad)

トの櫓・との一門の修復が開始されていました【終了】

      2016/04/05

姫路城はグランドオープンした後も、通常の修復スケジュールが進められています。
30年周期で大天守以外の各所が順次修復がされているためです。
2015年8月末現在は入場規制が行われているエリア内の、
「トの櫓・との一門」の修復作業が開始されていました。

2016/04/05追記・遅ればせながら。
「トの櫓・との一門」の修復作業はすでに終了しています。
ですが、姫路城の北側周辺(北腰曲輪)、東側(東曲輪)は継続して立入が制限されています。
「トの櫓・との一門」は小天守の渡り櫓・イの渡櫓内部の窓から、覗き見下すことができます。
現時点では、それが精いっぱいです。

トの櫓・との一門の修復が開始

グランドオープン以降も姫路城内の一部のエリアは、
立ち入りが制限されています。

この立ち入り制限によって現在非公開の文化財があります。
これは修復スケジュールの一環です。

それによって以下のような文化財の近くには、
寄ってみることができないようになっています。

  • ロの渡櫓
  • ハの渡櫓
  • 二の渡櫓
  • ホの櫓
  • ヘの渡櫓
  • トの櫓
  • との一門
  • との二門
  • との四門(搦手口)
  • への門
  • ちの門
  • 帯郭櫓(腹切丸)

 

現在は近くに立ち入ることができないため、
どのみち見ることはできませんが、

外からトの櫓ととの一門の修復が開始されているのが確認できました。

屋根の上に職人さんが上がられています。

to_gate-repair-start_01

トの櫓ととの一門の修復模様

 

Google or AdMax Promotion (hmjinline)

修復開始前の状態

修復が開始される前までは覆いもなく、
大天守の窓から「トの櫓」を見ることができました。
※立ち入りはできないため。

壁はまだ綺麗で、瓦が若干痛んでいる程度に見えます。
「トの櫓」は前回修復から27年が経過しています。

to_gate-repair-start_02

修復開始前の「トの櫓」

 

「との一門」も同様に瓦の痛みがちょっと目立つくらいかと思います。
「との一門」も前回修復から27年が経過しています。

to_gate-repair-start_03

修復開始前の「との一門」

 

第7期(平成24年度~平成28年度)の平成27年度修復予定

平成27年現在は、第7期(平成24年度~平成28年度)の
修復スケジュール中にあります。

平成27年度の修復予定建造物等は以下のようになっています。

平成27年度 前回修理年度 修理経過年数
への門西方土塀 昭和62年度(1987年度) 28年
トの櫓 昭和63年度(1988年度) 27年
トの櫓南方土塀 昭和63年度(1988年度) 27年
との一門 昭和63年度(1988年度) 27年
との一門東方土塀 昭和63年度(1988年度) 27年
との二門 昭和63年度(1988年度) 27年
との二門東方土塀 平成元年度(1989年度) 26年
との四門 昭和63年度(1988年度) 27年
との四門東方土塀 昭和30年度(1955年度) 60年
との門西方土塀 昭和63年度(1988年度) 27年

 

予定は多少前後することもあると思いますが、
当分はこうした建造物には近づくことができないような規制が行われています。

 


Google or AdMax Promotion (hmj_link)

 - 01.姫路城「グランドオープン」と推移

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略

  関連記事

eye_liub_blue-lightup2017-3
見た気になれる!2017年のブルーライトアップ姫路城29ショット(見逃しても大丈夫)

国連が「世界自閉症啓発デー」に定めている4月2日。 「世界自閉症啓発デー」には姫 …

eye_pink_lightup
【速報】姫路城が一日だけピンクにライトアップ!桃色姫路城

毎年10月は乳がんについて考える「ピンクリボン月間」とされ、 日本全国の様々な場 …

eye_orange-lightup2017
【速報】2017年再び 姫路城が一日だけオレンジにライトアップ!橙色姫路城

毎年、カラフルなライトアップを楽しめる姫路城ですが、 2016年(昨年)から新し …

eye_cherry_blossoming2015
桜満開@姫路城2015・桜

姫路城の桜は「日本の桜の名所 100選」にも選ばれるほどに、 桜が多く美しいスポ …

eye_question-by-chat
【まだこれから】Webから姫路城に質問ができるAI導入のサポートエージェント始動

当サイトで2018/4/25現在の状況でご紹介した「姫路城便覧・姫路城管理事務所 …

eye_cherry-full-bloom-night2016
【桜満開】 姫路城夜桜会はやっぱり満開の今がおすすめ!満開の芸術美【終了】

桜の満開に合わせて「姫路城夜桜会(2016)」へ行ってきました。 4/1、4/2 …

eye_differences-over-time
白鷺城も年季を積み南面ビューで経年変化の変貌が比較可能(天守地味に黒ずむ、急げ)

グランドオープン当初は「白すぎ城」などと揶揄された「白鷺城」ですが、 グランドオ …

eye_cherry-blossoms-night_1st
【2019/4/3 初日】姫路城夜桜会 開催模様(終了)と姫路城 ソメイヨシノ開花状況

2019年も「姫路城 夜桜会」が始まりました。 2019/4/3(水)~4/7( …

eye_clear_view-obi-tower
「帯の櫓」修復工事も終盤に。足場解体作業が完了し、ガッカリビュー終了(3/26更新)

2017年中の長い間、喜斎門跡側などの東面からの天守を見上げたビューでは、 「帯 …

eye_himejicastle-indoorview
大天守内部がストリートビュー(インドアビュー)に対応!世界遺産国宝・姫路城

「世界遺産国宝・姫路城」大天守内部がなんと、Googleストリートビューに対応し …