姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

Google or AdMax Promotion (hmj_ad)

『西北腰曲輪』|村翁夜話集所収姫路城門櫓明細書|第一冊・村翁夜話集

「村翁夜話集」は播磨地方の郷土史で近世播磨の地域社会を知る上で欠かせない
基礎的な情報を提供してくれる書物であると言われます。
しかしながら平文で多くの櫓が書かれ、どの部分を示して書いているのかが、
パッと見で分かりにくいという問題があると共に、現在の呼名とは異なっている事が多くあります。
ここでは『西北腰曲輪』の部分を抜粋してご紹介します。

 

『西北腰曲輪』|村翁夜話集所収姫路城門櫓明細書|第一冊・村翁夜話集

「西北腰曲輪」に関しては何故か「村翁夜話集(城内図書館本)」に一切記載がありません。
ただ「村翁夜話集」の底本については、以下のように書かれています。

一 底本

この資料集で用いた本書の底本は姫路市立城内図書館所蔵本(以下、城内図書館本と略称する)である。諸本については十分な調査が行えていないが、現在のところ、他に姫路市渡辺聡家所蔵本(以下、渡辺本と略称)、英賀神社所蔵本射楯兵主神社所蔵本が知られている。しかし、いずれも抄録本や欠本であり、城内図書館が最善本とみることができる。

(引用抜粋)『村翁夜話集』解題 前田徹|第一冊・村翁夜話集|播磨の地誌 福本勇次著『村翁夜話集』刊行会-平成27年1月25日発行

 

この本が出版された時の「姫路市立城内図書館所蔵本」にも、
記載が漏れている個所があり、それぞれどれも完璧な状態ではないようなのです。

その証拠に「姫路城史14巻資料編/一史料/2 近世の姫路城」には、
村翁夜話集の抜粋があり、以下のように注記の上記載されています。

同所御塀三拾八間 但はノ御門東ノ方并北ノ方共二、

(この項脱漏につき異本により補う)
「はノ御門北ノ方 〇にノ御門 桁行弐間弐尺五寸 梁行壱間四尺五寸 明キ六尺五寸
同続西ノ方ろノ御櫓迄渡御櫓 桁行壱間四尺六寸 梁行弐間半
二重 同ろノ御櫓 桁行三間弐尺四寸 梁間弐尺五寸
同続北ノ方はノ御櫓迄御多門 桁行九間五尺 梁行弐間五尺五寸
二重 同はノ御櫓 桁行四尺一寸 梁行三間二尺六寸
同続 東方御多門 桁行拾壱間四尺五寸 梁行弐間四尺
同所御塀 三拾八間弐尺 但 にノ御門東方并北方共 幅拾四間半 にノ御門外袖塀」

にノ御門内東ノ方 〇ほノ冠木御門 桁行壱間弐尺、明キ四尺八寸、

(引用抜粋)姫路城史14巻資料編/一史料/2 近世の姫路城

これによって、今回参考にした「村翁夜話集(城内図書館本)」以外を、
「姫路城史」作成の際には別途参照をして作成したことを示しています。

「姫路市渡辺聡家所蔵本」「英賀神社所蔵本」「射楯兵主神社所蔵本」のいずれかには、
上記の脱漏部分の記載があったという事なのでしょう。

この脱漏部を当てはめて、古地図に当てはめていくと、以下のように解釈できます。

sonnouyowa_14

西北腰曲輪・村翁夜話集所収姫路城門櫓明細の配置

 

尚、この脱漏部分の記述を見つける前であっても、
櫓名称の続きの流れを考えれば、
ここの櫓が「ろノ御櫓」「はの御櫓」である事は容易に想像が付きます。
以下のように古地図上の櫓に名称を割り当てているだろうことがわかります。

実際には別途記述が見つかっていますので、上記の図のように割り当てられていることが判明しています。

sonnouyowa_13

西北腰曲輪(未記載部分)・村翁夜話集所収姫路城門櫓明細の配置

※画像は姫路城・西の丸百間廊下内展示の「播州姫路城図(大絵図)」を撮影。

 

「村翁夜話集」では以下のように書かれています。

管理 現存 現名称 重層 村翁夜話名 村翁夜話集原文 エリア 桁行 桁行(m:参考) 梁行 梁行(m:参考) 備考
548現存にの門-にノ御門はノ御門北ノ方 〇にノ御門 桁行弐間弐尺五寸 梁行壱間四尺五寸 明キ六尺五寸西北腰曲輪ニ間ニ尺五寸4.4一間四尺五寸3.2この項脱漏につき異本により補う(出典:姫路史14巻)
549現存にの門-渡御櫓同続西ノ方ろノ御櫓迄渡御櫓 桁行壱間四尺六寸 梁行弐間半西北腰曲輪一間四尺六寸3.2ニ間半4.5この項脱漏につき異本により補う(出典:姫路史14巻)
550現存にの門2重ろノ御櫓二重 同ろノ御櫓 桁行三間弐尺四寸 梁間弐尺五寸西北腰曲輪三間ニ尺四寸6.2ニ尺五寸0.8この項脱漏につき異本により補う(出典:姫路史14巻)
551消失(跡)-御多門同続北ノ方はノ御櫓迄御多門 桁行九間五尺 梁行弐間五尺五寸西北腰曲輪九間五尺17.9ニ間五尺五寸5.3この項脱漏につき異本により補う(出典:姫路史14巻)
552消失(跡)2重はノ御櫓二重 同はノ御櫓 桁行四尺一寸 梁行三間二尺六寸西北腰曲輪四尺一寸1.2三間二尺六寸6.2この項脱漏につき異本により補う(出典:姫路史14巻)
553消失(跡)-御多門同続 東方御多門 桁行拾壱間四尺五寸 梁行弐間四尺西北腰曲輪十一間四尺五寸21.4ニ間四尺4.8この項脱漏につき異本により補う(出典:姫路史14巻)
554消失(跡)-御塀同所御塀 三拾八間弐尺 但 にノ御門東方并北方共 幅拾四間半 にノ御門外袖塀西北腰曲輪三十八間ニ尺69.70.0この項脱漏につき異本により補う(出典:姫路史14巻)

※明キ:扉開口幅を示す。
※クヽリ:脇戸(潜戸・くぐりど)扉開口幅を示す。
※同断:同じこと
※廿間:二十間
※并:ひょう、へい、あわせる、ならぶ
※厩:うまや(廐)


本一覧は筆者の勉強・調査・後の検索を目的に作成したものであり、その正確性を保証するものではありません。
(出典・抜粋引用)第一冊 村翁夜話集所収「姫路城門櫓明細書」|播磨の地誌 福本勇次著『村翁夜話集』刊行会-平成27年1月25日発行

尚、上記一覧内の「桁行(m:参考)」「梁行(m:参考)」は一尺303mm換算として算出したものであり、イメージしやすくする為の参考値です。
また姫路城内では1間は六尺五寸とする説もあり、1間当たりの当時の寸法は明確ではありません。
昭和の大修理では実寸を元にした尺寸法を定めているようですが、その寸法が分かり次第、参考値を更新します。
現時点は参考値を表示しています。
「御塀」は村翁夜話集において長さ(間数)のみが表示され明確に壁の位置を示していません。
暫定的に対象と思われる壁を推測し割り当て、記載していいます。
「御壁」の現在呼称の壁に対する割り当ても、あくまでも参考とお考えください。

現在の姫路城で各櫓に付けられている名前は、その名称で「国重要文化財」の登録も既に行われています。
現在は重要文化財登録の名称で呼ぶのが、正しい呼び方になるものと思っています。
当サイト管理者は「旧名」で呼ぶことや過去の錯誤を無くすことがしたい訳ではありません。
過去文献の調査時に過去名が必要な場合がある為にご紹介をしているに過ぎません。


尚、その他のエリアは以下でご確認いただけます。

Google or AdMax Promotion (hmjinline)

『北腰曲輪』原文抜粋

以下にこの部分の原文に記載がありませんので抜粋部は特にありません。
※以下は「姫路市立城内図書館所蔵本」のみの記載としています。

記載なし

(引用抜粋)第一冊・村翁夜話集|播磨の地誌 福本勇次著『村翁夜話集』刊行会-平成27年1月25日発行

 


Google or AdMax Promotion (hmj_link)

公開日:
最終更新日:2018/02/18

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略