姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

姫路城2016の秋は備前丸が芸術に彩られます「姫路城×彩時記」冬-color of the season-開催

      2016/12/16

2016年12月01日から開催される『「姫路城×彩時記」冬-color of the season-』は、
姫路城の本丸(備前丸)の広場を利用したアート展示が行われるイベントです。
様々なコンセプトの展示アートが本丸を彩ります。

※芸術の秋・・・というよりも12月はもう冬か・・・。
※以後「姫路城×彩時記」とします。

2016/12/03追記
実際に開催されましたので以下でご紹介しています。

2016/12/16追記
※なおアート展示の「姫路城×彩時記」は、
12/14をもってイベントはすべて終了しています。

開催概要 「姫路城×彩時記」冬-color of the season-

「姫路城×彩時記」の開催概要は、姫路市のサイトで以下のように書かれています。

「『姫路城×彩時記』冬-color of the season-」展示内容について

本年12月に開催する「『姫路城×彩時記』冬-color of the season-」の展示作品について紹介します。

実施期間

 平成28年12月1日(木)~14日(水)
※12月2日(金)~11日(日)は「世界文化遺産 姫路城 ナイトアドベンチャー」と同時開催

開催場所 

  姫路城備前丸

(引用)姫路市|「『姫路城×彩時記』冬-color of the season-」展示内容について

期間内は本丸(備前丸・有料エリア内)へ立ち入れる時間帯であれば、
自由に見ることができることになります。(夜間展示アートを除く)

公式のリーフレットは以下になります。

14859724_1705490316436174_8122964137452308880_o

リーフレット「姫路城×彩時記」冬-color of the season-

(出典)https://www.facebook.com/himejijhou.saijiki/posts/1705490316436174:0

本丸(有料エリア内)は以下の箇所になります。

Google or AdMax Promotion (hmjinline)

展示内容 「姫路城×彩時記」冬-color of the season-

展示の内容も同姫路市のサイトに書かれています。

展示内容

1 玄武(装花・インスタレーション)

玄武が水を司る神獣であることから「水」を作品に盛り込み、
水に浮かぶ亀を連想させます。また、玄武は地勢の観点からみると
北にそびえる「山」をしめすことから、背中に樹を背負った
黒き山(黒き亀)をイメージした作品を流木や植物を使って表現します。

  • 大きさ 直径約7m、高さ約3.5m
  • アーティストグループ名 ねのうわさ

2 揚羽蝶(竹・インスタレーション) 

築城主・池田輝政の家紋であり、蝶のさなぎがお菊の化身といわれている
「揚羽蝶」を竹で表現し、ランダムに飛ぶ姿を表現します。

  • 大きさ 約8m×約4mの範囲に、高さ約1m~約4mの作品を複数配置します。
  • アーティスト名 三橋 玄

3 盆栽

大自然の縮図といわれる盆栽を大きなサイズから小さなサイズまで
バリエーション豊富に展開します。

  •  作品数 約30点

4 夜間展示(ライティング・インスタレーション)

ミラーボールなどにより展示作品を照明で演出し、昼間とは異なる
彩り豊かな幻想空間を創出します。

  • アーティストグループ名 ミラーボーラー

(引用)姫路市|「『姫路城×彩時記』冬-color of the season-」展示内容について

と、文字でかかれてもさっぱりイメージが沸きません。

通常、姫路城本丸(備前丸)から見た姫路城天守は以下のようなビューになります。

grand-opening_01

本丸からの姫路城

このビューが以下のようなイメージで彩られるというアナウンスがされています。

2016102014543

(イメージパース)「姫路城×彩時記」冬-color of the season-

(引用)姫路市|「『姫路城×彩時記』冬-color of the season-」展示内容について

元画像URL:http://www.city.himeji.lg.jp/var/rev0/0091/3326/2016102014543.jpg

概ね4つの展示エリアに分けて、
それぞれが展示されるという事のように見えます。

また展示作品のイメージも少し垣間見えます。

※ミラーボーラーさんの作品がどれなのかイメージできませんが。
「夜間展示」との記載がありますので、
12/2~10同時開催の「世界文化遺産 姫路城 ナイトアドベンチャー 煌 ~KIRAMEKI~」で、
夜間のみにイメージができるような特殊演出になるのかもしれません。

2016/12/16追記
以下の夜間撮影写真は、姫路城の夜間入城イベント
「世界文化遺産 姫路城 ナイトアドベンチャー 煌 ~KIRAMEKI~」の
並行開催時に撮影を行ったものです。
本イベントは12/10で前売券の販売は終了し、
2016/12/11 21:00をもってイベントはすべて終了しています。

各展示者の作品例

上記で紹介されているアート作品の製作者の方の
作例がFacebookにて画像で紹介されています。

※以下の画像の作品が展示されるわけではありません。

玄武(装花・インスタレーション)

▼アーティストグループ名 ねのうわさ 氏(作品例)

ねのうわさ 氏 作品例1

ねのうわさ 氏 作品例1

ねのうわさ 氏 作品例2

ねのうわさ 氏 作品例2

ねのうわさ 氏 作品例3

ねのうわさ 氏 作品例3

(上記出典はいずれも同じ)https://www.facebook.com/himejijhou.saijiki/posts/1710102865974919

 - 03.インフォメーション ,

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

Google or AdMax Promotion (hmj_link)

関連記事のご紹介です
 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略

  関連記事

eye_sannnomaru-to-kisai-closed
姫路城東側(三の丸公園⇔美術館方面)の通行止めが3/31で解除されています

姫路城の東側の「喜斎門跡」「姫路市立美術館」方面へ抜けるルートの通路が、 「20 …

eye_install-vending-machine-near-the-exit
姫路城退城口脇に自動販売機が設置されています。城内の水分補給はこまめに。

姫路城のエリア内には売店が2か所あります。 無料エリア内に1か所、有料エリア内に …

ar-apps_2
姫路城内では「姫路城大発見アプリ」を利用した楽しみ方ができるようになります。

姫路城のグランドオープンを間近に控えて、 姫路城では新しいサービスなどの公開を予 …

eye_himejicastle2014-september7
【実は】姫路城でプロっぽい撮影には申請が必要なので注意!

これまで散々姫路城で写真撮影をしてきた私ですが、 つい先日、いつものように三脚を …

eye_binoculars-available
大天守6階の双眼鏡が利用可能になっていました

高台の観光地といえば「コイン双眼鏡」以前はよく見かけましたよね。 姫路城の大天守 …

eye_easy-to-understand
姫路城内の案内板が増えてより分かりやすく・見やすくなっています

グランドオープンを間近に控えた姫路城の有料観覧エリアも 着々と整備が進んで、初め …

eye_more-vivid-north-face-light-up
2016年・姫路城北面のライトアップが一層鮮やかになりました

2016年9月現在に確認したところ姫路城北面の夜間ライトアップが、 これまで以上 …

eye_himejicastle2014-september7
姫路城の登閣整理券は当初「15,000人/日」に限定されます

姫路城のグランドオープン直後と繁忙期には登閣整理券が配られます。 登閣整理券は現 …

eye_2-sannnomaru_night
【注意】7/7,8/28は姫路城のライトアップが20時に消灯(<6/21は既終了>ライトダウンキャンペーン2017実施)

姫路城は通常、日没から0時までの間、夜間ライトアップが行われています。 22時を …

eye_pink_lightup2015
【開催】ピンクライトアップ姫路城(開催概要)2016年も堂々開催!雨天決行!

今年、2016年も姫路城でピンクリボン活動のライトアップが実施されます。 姫路城 …