姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

チャットで姫路城へ質問することはできるの?

当サイトで2018/4/25現在の状況でご紹介した「姫路城便覧・姫路城管理事務所運営」サイトは、
2015年の姫路城グランドオープン以降運営されてきた
「世界文化遺産・国宝・姫路城 大入実況」が刷新されたサイト名です(ドメインは同じ)
この「姫路城便覧」にはAI技術によるチャットボットが導入され、
「姫路城の質問にリアルタイムに答える」という構想が取り込まれています。

チャットで姫路城へ質問することができるようになりました。

先日、刷新された「姫路城便覧|姫路城管理事務所」では、
普通に日本語表示を見ているだけでは気づきませんが、AIチャット機能が導入されています。

実際に使ってみるには、
まず「世界文化遺産・国宝・姫路城 便覧」サイトにアクセスします。

2018/05/04時点では入口のチャットボット表示を確認するには、
言語選択を「英語/中文(簡体)」から選択する必要があります。

question-by-chat_01

TOPページの言語選択・チャットボット導入「姫路城 便覧」

 

この2言語を選択すると、右下にチャットボットのアイコンが表示されます。
このキャラクターは「しろまるひめ」といい姫路市公認キャラクターです。

question-by-chat_02

チャットボットアイコン表示・チャットボット導入「姫路城 便覧」

 

その他の言語を選択した場合(日本語含む)はチャットボットが表示されません。

question-by-chat_03

韓国語・フランス語は追って対応・チャットボット導入「姫路城 便覧」

 

チャットボットアイコンをクリックすると、
再び言語選択が表示されます。ラジオボタンで使用する言語を選択します。

 

ご利用の言語を選択してください。 日本語 ○
Please select your language. English  ○
请选择您的语言。 中文簡体  ○
請選擇您的語言。 中文繁體  ○
언어를 선택하십시오. 한국어  ○

ここでは日本語を選択しましたが、言語を選択するとチャットが開始されます。

question-by-chat_04

チャットボット自体は5言語対応・チャットボット導入「姫路城 便覧」

 

「姫路城便覧|姫路城管理事務所」側では「英語/中文(簡体)」のみが、
利用できる仕様になっていますが、
チャット自体は日本語他「4言語」に対応しています。

2018/5/1~始まったサービスのようですので今後拡充されてくることと思います。

チャット機能で実際に質問をしてみるも、AIには出逢えず。

今回は新機能の導入ということもあり、試しに質問をさせて頂きました。

よくある質問というか、サイトを見れば誰でも分かる質問です。

Q.「今日はまだ姫路城に入れますか?(2018/5/4 16:29)」です。

この日はアーリーオープン(8:30~)、夏時間(~18:00閉門)で、
17:00までは入城可ですので、答えは「YES」です。

A.「オペレータに繋ぎます。少々お待ちください。」

ちょっと予想外の反応が返ってきてしまいました。
Apple Siriのような感じ。「わかりません、Webでお調べしますか?」的な・・・。

しばらくすると、オペレーターさんがオンラインになってくださったようで、
「お問合せありがとうございます。少々お待ちくださいませ。」とのメッセージが。

quest問い合わせてみるもオペレータに接続・チャットボット導入「姫路城 便覧」ion-by-chat_05

問い合わせてみるもオペレータに接続・チャットボット導入「姫路城 便覧」

 

さすがに一般客でオペレータ接続だと「あれ」なので、
私から素性を明かすメッセージを間に送信していますが、
そちらもAI的にはスルーされてしまいました。

question-by-chat_06

お手間でしたがご回答頂けました・チャットボット導入「姫路城 便覧」

 

すぐにオペレーターさんより適切な対応のメッセージを頂くことができました。

お世話になっております。現在、入城口までの待ち時間0分、入城口から天守閣入り口まで待ち時間60分となっております。なお、入城は17:00までとなっております。下記URLご参照くださいませ。
2018/5/4 16:34

https://goo.gl/zX0nTR
2018/5/4 16:34

question-by-chat_07

リンクなどを併せてご対応くださいました・チャットボット導入「姫路城 便覧」

 

ちなみにチャットボットの対応はPC版表示でも利用は可能です。
が、日本人を対象とした機能ではないのは言うまでもないので無用な利用は避けた方が良さそうです。

question-by-chat_08

PCからでも利用可能・チャットボット導入「姫路城 便覧」

 

その他、少し会話させて頂きましたが、
基本的には現時点で定型文以外はAIが出てこないのかな?という印象を受けました。

一応、神戸新聞さんが報じる限りは、以下の様な質問には対応しているようなのですが。。。

  • 「入場料はいくら?」
  • 「休城日はいつ?」
  • 「コインロッカーはありますか」

 

ちなみにサービス営業時間後(*1)に、
再び「コインロッカーはありますか」と問うてみましたが、
同じくオペレーターさん呼び出し対応の返答でした。

question-by-chat_09

ただ日本語では・・・AIには出逢えず・チャットボット導入「姫路城 便覧」

 

日本語での問いは、今のところはAIが出てくる感じではないのかもしれませんね。

というか、ゴールデンウィーク後に設定が随時入ってくる感じでしょうかね。
これからに期待という感じかと思います。

*1:公式には以下のように書かれています。

営業時間

チャットオペレーターの対応時間は朝8時から夜10時まで。プランに応じてひとつひとつ丁寧に応対いたします。

(引用) triplaチャットボットサービス – tripla (トリプラ)
(Evernote) https://www.evernote.com/shard/s380/u/0/sh/d02c9fb2-32d8-4ea3-aaa5-13133c163879/fbfb7973003fb0f66c72fbe0cf68f16b

 

Google or AdMax Promotion (hmjinline)

チャットで質問する前に、Q&Aに回答がないかはご確認を

今回は普通に答えられそうな質問を投げかけてみましたが、
基本的にはQ&Aにある質問は、
オペレーターさんのお手間をかけるだけなので避けるべきだと思います。

この機能自体、外注サービスを利用していて、
サービス利用料が従量課金の仕組みのようですので、

質問をした数だけ、姫路市に請求が発生する事が推測されます。

無駄にチャットを使うと、税金の無駄使いになる可能性があるので、
なるべく利用は最小限にした方がいいと私は思います。
必要な人だけ、本当に必要な質問を投げる。健全な使い方だと思います。

公式のよくある質問は以下で確認できます。

  • Q1.入城券を持っていましたが、あまりの混雑に大天守の入城をあきらめました。券を後日使ってもいいですか。
  • Q2.どうして登閣者数を制限するのですか?
  • Q3.開城時間がいつもと違う日はありますか?
  • Q4.見学時間はどれくらいですか?
  • Q5.観光ガイドを利用したいのですが。
  • Q6.姫路城の予約制度はありますか?
  • Q7.入城券の前売りはありますか?
  • Q8.ペットと一緒に入城できますか?
  • Q9.障がい者の入城料はどうなりますか?
  • Q10.盲導犬と一緒に入城できますか?
  • Q11.車いすで入城はできますか?
  • Q12.車いすの貸し出しはありますか?
  • Q13.車いす用のトイレはありますか?
  • Q14.姫路城周辺に駐車場はありますか?
  • Q15.姫路城の近くに大型バイクの駐車場はありますか?
  • Q16.そのほか入城に際して注意することはありますか?
  • Q17.見学が制限されている区域はありますか?
  • Q18.姫路城のライトアップはしていますか?
  • Q19.お弁当を食べる場所はありますか?

 

関連記事

神戸新聞は以下のように報じています。

2018/5/1 05:30 神戸新聞NEXT

姫路城HP一新 AIが外国人の問い合わせに回答

姫路城(兵庫県)の混雑状況を伝えるホームページ「姫路城大入実況」が、「姫路城便覧」に改称し、リニューアルした。外国人からの問い合わせに人工知能(AI)が応答する「チャットボット」を取り入れ、必要な情報を得やすいハンドブック的な機能を高めた。英語と中国語に対応し、訪日外国人観光客(インバウンド)を呼び込む。

AIは「入場料はいくら?」「休城日はいつ?」「コインロッカーはありますか」といったよくある問いに対応できるように設定し、自動で応答する。想定外の質問にはオペレーターが調べて答える。

姫路城管理事務所は「当初は時間差が生じることもあるだろうが、徐々にAIが学習し、スムーズに答えられるようになってくれるはず」と期待を寄せる。

(中略)

「大入実況」は平成の大修理を終えた2015年に開設された。入城口の行列を写したカメラ映像を配信し、当日の待ち時間をリアルタイムで示し、生まれ変わった白鷺城の渋滞緩和に一役買った。

15、16年度と過去最高の年間200万人を超えていた入城者数は17年度に180万人に落ち着き、サイトの閲覧数も145万件、70万件、50万件と減ったことからホームページを刷新した。同事務所は「これからも時局に合わせて、訪れる人が使いやすいように改良したい」としている。(伊藤大介)

(抜粋引用) 神戸新聞NEXT|姫路|姫路城HP一新 AIが外国人の問い合わせに回答
(Evernote) https://www.evernote.com/shard/s380/u/0/sh/845c1dac-8b07-4b89-9da6-8335e10a7199/e4118b46438a097abbef6e9b946a578d

 


Google or AdMax Promotion (hmj_link)

公開日:

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略