姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

Google or AdMax Promotion (hmj_ad)

「姫路城圖・明治維新前酒井家所領時代」からみる櫓門命名の状態(~1867年前後)

「姫路城圖・明治維新前酒井家所領時代(以後、「本酒井図」)」は、
大正元年12月に作成された図面を元に、
昭和54年9月に一部を補って書かれた姫路城内の案内図になります。
大正当時にどのような名称で各櫓・門が呼ばれていたのかを知る貴重な資料です。
ここではその図面を元に櫓名などを読み取り、現在の呼名との相違を確認してみます。

 

「姫路城圖・明治維新前酒井家所領時代」からみる櫓門命名の状態

「姫路城圖・明治維新前酒井家所領時代」の
「国立国会図書館デジタルコレクションのものとは異なる紙図を所蔵しており、
見えにくい部分は紙図の文字を判読し記載しています。

 

「筆者所蔵の紙図」の欄外別記部分には以下の記述があります。

大正元年十二月 砂川雄健製図、昭和五十四年九月 島田清訂捕
註、図中にみえる「現今登城路」は大正元年当時のもの。また左上方の写真は明治四十四年、修理竣工時のもの。

デジタルコレクションの図面もほぼ同様のものと考えます。

 

備前丸より外の櫓・門の名称表記

この図において備前丸より内側の建造物の多くは、命名が一切表記されていません。
その為、備前丸外の呼名についてのみ参考にできる資料になっています。

作成が大正元年(1912〔明治45年・106 年前〕)の頃に作図されていますが、
右下に「寛延二年 酒井忠恭 以後、世々酒井氏在家 明治維新に至る」とあり、
寛延二年(1749〔269 年前〕)~明治維新(慶応3年(1867〔151 年前〕)*大政還からとする場合)間の、
姫路城内を絵図にしたものと考えられます。

遅くとも、明治元年(1868〔150 年前〕)を表している図であると考えられます。

姫路城史には以下のように書かれており、酒井家時代は非常に状態よく保存されていたようです。

姫路城の維持保存については、歴代城主に於ても、それヾ意を用い、〔姫路城年表、姫路城大天守構造調査書。〕殊に酒井氏時代には留守居、城代、作事行等に命じて絶えず損所に注意し、大破に及ばざる間に修復せしめたが、〔姫路藩集書。〕廃藩以来管理充分に行届かず、年を経るとともに漸く(やうやく)頽廃(たいはい)したので、明治二十三年陸軍省に於て、一慶修理を行ひ、補強のため大天守地階に支柱二十二本、筋違二十一本を入れた。〔姫路城修理要覧〕

然るにその後更に年を経るに従って、又々荒廃し、天守を始め、諸櫓の軒破れ、壁落ち、そのまゝにしては何時崩壊せんとも知れぬ状態になつたので、市民の間に名城の頽廃を惜しみ、保存修理を叫ぶもの多く、遂に明治四十一年市民大會を開き、白鷺城保存期成同盟會を組織し、政府及び貴衆(両院)へ請願の結果第二十六議會を通過し、九萬圓の豫算(よさん・予算)を以て修理を行はれることになつた。〔姫路城誌、鷺城新聞〕この間同市出身の陸軍次官陸軍中尉男爵石本新六〔〇後陸軍大佐〕の盡力(じんりょく・尽力)が大いに與つて力があった。〔神戸又新日報(こうべゆうしんにっぽう)、鷺城新聞〕

(抜粋引用)第三章 姫路城の保存修理 第一節 明治の大修理|姫路城史 下巻 橋本政次著(昭和二七年一二月一五日発行)/姫路城史刊行會

 

その為、酒井家所領時代のこの絵図は、
姫路城が状態良く保存・維持されていた頃を表す貴重な資料であると言えます。

sakaimap_3

元図・姫路城圖・明治維新前酒井家所領時代

 

櫓名の記載

この図に記載されている「櫓名」を上に書いていくと、このようになります。

この「本酒井図」にしか書かれていない「空蔵」や「月見御殿」の表記があり、
呼び方の違いの発生箇所も「御多門」が「玉蔵」と用途によって変更されたと思われること以外、
非常に「村翁夜話集」を精度よく踏襲して書かれているのが分かります。

ただ「菊御門御櫓」部分でズレが発生し、「菊御門御櫓」を「ム櫓」と表記してしまい、
それ以降の「ウ櫓」から「ヰ櫓」までがズレた記載になっています。

帳尻が合わなくなった部分(1櫓多い)は「うノ御櫓」を飛ばして表記しています。
それでも、非常に精度の高い図であると思います。

 

sakaimap_1

櫓名・姫路城圖・明治維新前酒井家所領時代

特筆すべき点として、No.1に記載の「ニ櫓」です。

この櫓は村翁夜話集では、一、ニ、三、四の漢数字で表す「三の御櫓」として表記されている部分です。

現在、姫路城内では「二の櫓」として紹介されています。
それが「ニ(に)」なのか「二(2)」なのか分かりませんが、
元々は「三(3)」なのです。
そして、その錯誤がこの時点で既に始まっていると言う事は、非常に興味深い点です。

困った事にNo.6では同様に「ニ櫓(に)」が出てきています。
恐らくは「二(2)櫓」と「ニ(に)櫓」を記載したものと思います。

しかしここには、備前丸内に当時あった、
「二ノ御櫓」「四ノ御櫓」「五ノ御櫓」に対しての記述がないので気付かずに、
ここが「三ノ御櫓」であることに気づかず、かつ「三」が「二」に見えて転記されたのかもしれません。

2018年時点で姫路城内の櫓門等の名称付けの古い資料として
「村翁夜話集」がありますが、その「村翁夜話集」で定義されている櫓名との差異を以下に一覧化しています。
ほぼ「村翁夜話集」定義の「江戸末期名」が採用されていることがわかります。

順No 整合 酒井時代名 村翁夜話名 現名称 現存 分類 階層 エリア 村翁夜話集原文 備考
1×二櫓三ノ御櫓(015)ニの櫓現存1重水曲輪一重 同所西ノ方三ノ御櫓 桁行折廻五間半、梁行二間、「現:二の櫓」はここでは一重の「三ノ御櫓」と表記。
2イ櫓いノ御櫓(052)消失(跡)2重乾曲輪二重 同いノ御櫓 桁行三間弐尺、梁行三間、
3×玉蔵御多門(054)ロの櫓現存多門櫓-乾曲輪同所東ノ方御多門 桁行六間、梁行弐間一尺七寸、
4ロ櫓ろノ御櫓(550)にの門現存2重西北腰曲輪二重 同ろノ御櫓 桁行三間弐尺四寸 梁間弐尺五寸この項脱漏につき異本により補う(出典:姫路史14巻)
5ハ櫓はノ御櫓(552)消失(跡)2重西北腰曲輪二重 同はノ御櫓 桁行四尺一寸 梁行三間二尺六寸この項脱漏につき異本により補う(出典:姫路史14巻)
6ニ櫓にノ御櫓(058)イの渡櫓現存-北腰曲輪同所北ノ方にノ御櫓 桁行三間五尺、梁行四間弐尺八寸、
7塩櫓塩蔵(555)ハの渡櫓現存-北腰曲輪同続東ノ方塩蔵 桁行拾五間弐尺 梁行三間弐尺六寸この項脱漏につき異本により補う(出典:姫路史14巻)、別名「塩櫓」
8ホ櫓ほノ御櫓(060)二の渡櫓現存-北腰曲輪同続ほノ御櫓 桁行五間半、梁行四間三尺五寸、
9ヘ櫓へノ御櫓(080)太鼓櫓(への櫓)現存1重上山里曲輪一重 同所西ノ方へノ御櫓 桁行五間、梁行弐間四尺五寸、
10ト櫓とノ御櫓(086)太鼓櫓南方土塀置換(復旧以外の再建)2重上山里曲輪二重 同とノ御櫓 桁行四間半、梁行三間 弐尺六寸、
11チ櫓ちノ御櫓(089)チの櫓現存2重上山里曲輪二重 同所西方ちノ御櫓 桁行四間半、梁行三間半、
12空蔵記載なし不明又は消失-
13リ櫓りノ御櫓(095)をの門跡消失(跡)-二の丸同所西ノ方りノ御櫓 桁行四間四尺五寸、梁行弐間六寸、明治15年2月1日失火により消失。
14化粧間御化粧間(098)化粧櫓現存-西の丸同所北方御化粧間 桁行八間半、梁行三間、
15ヌ櫓ぬノ御櫓(100)ヌの櫓現存2重西の丸二重 同ぬノ御櫓 桁行四間一尺、梁行三間、
16長局長局折廻(101),長局(102),長局(103)ヨの渡櫓(東部),ヨの渡櫓(中央部)現存長局-西の丸同続西ノ方長局折廻 桁行三拾二間、梁行三間、
17ル櫓るノ御櫓(104)ルの櫓現存-西の丸同るノ御櫓 桁行三間四尺、梁行三間半、
18ヲ櫓をノ御櫓(108)消失(跡)-西の丸同をノ御櫓 桁行三間二尺五寸、梁行弐間弐尺五寸、
19ワ櫓わノ御櫓(111)ワの櫓現存2重西の丸二重 同わノ御櫓 桁行三間半、梁行三間半、
20カ櫓かノ御櫓(113)カの櫓現存-西の丸同所東方かノ御櫓 桁行五間四尺、梁行三間半、
21ヨ櫓よノ御櫓(122)消失(跡)-三の丸(西御屋敷)〇御本丸西北ノ方角よノ御櫓 桁行七間、梁行弐間半明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。
22タ櫓たノ御櫓(125)消失(跡)2重三の丸(西御屋敷)二重 同たノ御櫓 桁行五間、梁行三間五尺五寸、明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。
23レ櫓れノ御櫓(128)消失(跡)-三の丸(西御屋敷)同れノ御櫓 桁行四間三尺五寸、梁行三間弐尺四寸、明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。
24月見御殿記載なし不明又は消失-
25ソ櫓そノ御櫓(131)消失(跡)2重三の丸(西御屋敷)二重 同そノ御櫓 桁行三間半、梁行三間、明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。
26ツ櫓つノ御櫓(133)消失(跡)-三の丸(武蔵野御殿南)同所東方つノ御櫓 桁行五間四尺、梁行三間半、明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。
27太鼓櫓太鼓御櫓(154)消失(跡)3重三の丸(西長屋)三重 太鼓御櫓 桁行五間、梁行四間、明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。
28ネ櫓ねノ御櫓(163)消失(跡)-三の丸(大手)〇向御屋敷南方ねノ御櫓 桁行折廻九間半、梁行三間一尺五寸、明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。
29ナ櫓なノ御櫓(164)消失(跡)2重三の丸(大手)二重 同所東方なノ御櫓 桁行五間三尺七寸、梁行四間半、明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。
30ラ櫓らノ御櫓(165)消失(跡)-三の丸(大手)同所東方らノ御櫓 桁行六間五尺、梁行五間半、西方不随する建屋不明。明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。
31×ム櫓菊御門御櫓(546)消失(跡)3重三の丸(西御屋敷)〇菊御門 但表裏之分とも桁行拾間、内三間四方、三重御櫓、梁行六間半、明キ一丈三尺五寸、クヽリ明キ三尺五寸、明治7年兵営設置、姫路空襲等により撤去・消失。空襲は1945年6月22日と7月3日深夜から7月4日未明。
32×ウ櫓むノ御櫓(185)消失(跡)2重三の丸(向屋敷)菊御門東ノ方 二重 〇むノ御櫓 桁行六間、梁行四間、明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。
33×(未記載)うノ御櫓(190)消失(跡)-三の丸(御作事)同続東方うノ御櫓 桁行五間弐尺、梁行三間弐尺、明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。
34×ヰ櫓ゐノ御櫓(204)消失(跡)2重三の丸(下三方)二重 同所南方ゐノ御櫓 桁行四間五尺、梁行三間四尺、明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。
35ノ櫓のノ御櫓(210)消失(跡)3重東勢隠八頭御門北ノ方 三重〇のノ御櫓 桁行五間四尺五寸、梁行三間半、明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。
36オ櫓おノ御櫓(216)消失(跡)2重北勢隠二重 同所西方おノ御櫓 桁行五間三尺七寸、梁行四間半、明治7年(1874)兵営設置、姫路空襲(1945)等により撤去・消失。

本一覧は筆者の勉強・調査・後の検索を目的に作成したものであり、その正確性を保証するものではありません。

現在の姫路城で各櫓に付けられている名前は、その名称で「国重要文化財」の登録も既に行われています。
現在は重要文化財登録の名称で呼ぶのが、正しい呼び方になるものと思っています。
当サイト管理者は「旧名」で呼ぶことや過去の錯誤を無くすことがしたい訳ではありません。
過去文献の調査時に過去名が必要な場合がある為にご紹介をしているに過ぎません。


「村翁夜話集」の記述等に関しては、以下でご確認いただけます。

 

門名の記載

この図に記載されている「門名」を上に書いていくと、このようになります。
この「本酒井図」は「村翁夜話集」を綺麗に踏襲して、錯誤なく転記が行われています。

sakaimap_2

門名・姫路城圖・明治維新前酒井家所領時代

こちらもほぼ「村翁夜話集」定義の「江戸末期名」が採用されていることがわかります。

順No 整合 酒井時代名 村翁夜話名 現名称 現存 分類 階層 エリア 村翁夜話集原文 備考
1い門いノ冠木御門(044)いの門現存-二の丸菱ノ御門内北ノ方 〇いノ冠木御門 桁行三間四尺、袖ノ間一間一尺五寸、明キ一丈五寸、クヽリ四尺、
2ち門ちノ冠木御門(072)ちの門現存-東曲輪とノ御門内南方 〇ちノ冠木御門 桁行弐間、明四尺一寸、
3と門とノ御門(065)との一門現存-搦手へノ冠木御門外東方 とノ御門 桁行三間一尺五寸、梁行一間五尺、明キ一丈一寸、クヽリ明キ弐尺一寸、
4に門にノ御門(548)にの門現存-西北腰曲輪はノ御門北ノ方 〇にノ御門 桁行弐間弐尺五寸 梁行壱間四尺五寸 明キ六尺五寸この項脱漏につき異本により補う(出典:姫路史14巻)
5ぬ門ぬノ御門(091)ぬの門現存-上山里曲輪(記述なし)「ぬノ御門迄」の記述はあるが「ぬノ御門」の記述がない。「折廻渡御櫓」に含む扱いか。
6は門はノ御門(050)はの門現存-乾曲輪ろノ御門北ノ方 〇はノ御門 桁行三間半、梁行一間弐尺五寸、明キ七尺五寸、クヽリ三尺一寸、
7へ門へノ冠木御門(063)への門現存-北腰曲輪同所南ノ方へノ冠木御門 桁行壱間弐尺弐寸、袖ノ間一間一尺、
8ほ門ほノ冠木御門(057)ほの門現存-北腰曲輪にノ御門内東ノ方 〇ほノ冠木御門 桁行壱間弐尺、明キ四尺八寸、
9り門りノ冠木御門(082)りの門現存-上山里曲輪同続北ノ方りノ冠木御門 桁行弐間四尺、袖間壱間、明キ八尺弐寸、クヽリ三尺二寸、
10留門・る門るノ冠木御門(093)るの門消失(跡)-二の丸ぬノ御門外西ノ方 〇るノ冠木御門 桁行五尺七寸、明キ三尺七寸、
11ろ門ろノ冠木御門(047)ろの門現存-二の丸いノ御門内北ノ方 〇ろノ冠木御門 桁行四間四尺六寸、袖ノ間一間弐尺、明キ一丈五寸、クヽリ四尺、
12を門をノ冠木御門(094)をの門跡消失(跡)-二の丸同所北ノ方をノ冠木御門 桁行弐間、袖ノ間一尺一寸、明キ八尺、明治15年2月1日失火により消失。

本一覧は筆者の勉強・調査・後の検索を目的に作成したものであり、その正確性を保証するものではありません。

現在の姫路城で各櫓に付けられている名前は、その名称で「国重要文化財」の登録も既に行われています。
現在は重要文化財登録の名称で呼ぶのが、正しい呼び方になるものと思っています。
当サイト管理者は「旧名」で呼ぶことや過去の錯誤を無くすことがしたい訳ではありません。
過去文献の調査時に過去名が必要な場合がある為にご紹介をしているに過ぎません。


特筆すべき点としては、
No.26の「稜下門」としている部分は文字の潰れでよく見えない部分がありますが、
市公式、および「村翁夜話集」には「榎下冠木御門/榎下門」とされている個所になります。

sakaimap_4

稜下門と榎下門・姫路城圖・明治維新前酒井家所領時代

ただこの「本酒井図」を見る限りは「稜下門」と読めてしまい、
「村翁夜話集」原本の「くずし字」の解析時に「」を「」としてしまったのか、
「本酒井図」が「」を「」としてしまったのか、どちらかに勘違いが起きているのではないかと思います。

ただ「稜」という漢字の意味を見ると「物のかど。とがった所。 〔名義抄〕」などとあり、
飛び出た西の丸の角(カの櫓)という意味にもとれないことはないようにも思います。
上の図を見ても、石垣がくびれているように思いません??

私は、何となく「稜下」の方が正しいのではないかと漠然と感じます。

2018/02/02追記

出版本ではなく、手書きの「村翁夜話集」コピーから、
元の文字を確認してきました。

1

「榎」か「稜」か、はたまた「棱」か全く違うのか。

」でもないけど「」でもない印象になっています。
」だとさらに旧字で「」を書きそうな気もしますしね・・・。

個人的には木偏のりょう「に同じ)」じゃないかなぁと思ってます。

「木簡字典・電子くずし字字典 [共通検索システム]」とか使ってみましたが、
どれもイメージに合わない結果になりました。

当サイトで勝手にここは「棱下門」って呼び始めてしまおうかしら。

(いやいや、そうやって「三ノ御櫓」が「二の櫓」に化けたんだってば・・・ダメダメ)
追って調査していきます!

ただ、「榎下冠木御門」の場所が以下の位置になっています。

enoki_or_ryo_01

榎下冠木門の位置

そしてその位置を実際に見てみると、どうでしょう?
「カの櫓」下の石垣の稜線が綺麗で、その直下にある「御門」になります。
稜線の下の門、「稜下門/棱下門」って感じじゃないですかね。

 

enoki_or_ryo_02

石垣の下の御門で稜下門という説

 

「村翁夜話集」の記述等に関しては、以下でご確認いただけます。

 

「村翁夜話集」が江戸末期(江戸末期の幕末嘉永の頃)に作成された文献とされていますが、
姫路城45代城主、酒井忠顕(ただてる)が嘉永6年(1853〔165 年前〕)に城主になったとされています。
以後、48代城主、忠邦(ただくに)が明治元年(1868〔150 年前〕)が最後の城主になっています。

保存よく管理されていた姫路城の時期に「村翁夜話集」と
「本酒井図」を作成する元になった図が遺されていたことはとても貴重なことだと言えます。

大正元年12月に作成された本図の元にした図は何なのかは不明ですが、
少なくとも「村翁夜話集」の表記とほぼ相違なく、櫓名・門名が記載されている事は、
どちらがマスターデータだったとしてもその頃の呼称を確証づける資料になると思います。

 


Google or AdMax Promotion (hmjinline)

公開日:
最終更新日:2018/02/06

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略