姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

2台のスマホを利用して、別の場所で「AR看板(マーカー)」を利用する手順

「姫路城大発見!アプリ」のAR看板(ARマーカー)は、
設置されている場所で読み込むことでいろいろなコンテンツを楽しめます。
ただ、できれば時間のある時(並んでいる間など)に、
ゆっくり見ておけると、大天守の内覧がしやすくなります。
ここでは待っている間に2台のスマホを利用して、
ARコンテンツを利用する手順をご紹介します。

 

2台のスマホを利用して、別の場所で「ARマーカー」を利用

まず、注意事項として2台のスマホ(またはPC,タブレット)が必要です。

おそらく、いまこのページを見ている端末で、
「姫路城大発見!アプリ」の実行をしたいものと思いますが、
可能であればディスプレイサイズの大きい方の端末で、
以下の手順の「ARマーカー」の表示を行ってください。

以下のページへアクセスします。

別の端末で開く場合には、
以下のQRコードを読み込んでURLを開くことができます。

Unitag_QRCode_1428351780032

ページを開くと、すべての「ARマーカー」が表示されます。

 

ARマーカーを「姫路城大発見!アプリ」で読み取るには、
ARマーカーを別の端末に一旦表示して、

その画面に表示されたARマーカーを、
もう一台の端末の「姫路城大発見!アプリ」で撮影します。

ご友人の方、傍に並ばれている方などに協力してもらうと、
2台の端末でARコンテンツをどこからでも楽しむことができます。

「ARマーカーを表示」する端末側の操作

以下手順で、1台目の端末で以下操作を行います。

「ARマーカーを表示」する端末側の操作

「姫路城大発見!アプリ」で見たいコンテンツの
「ARマーカー(案内板・看板)」を片方の端末に表示します。

各ARマーカーはすべて以下から表示できます。

ARマーカーはより大きなディスプレイに表示した方が認識しやすいです。

画面の小さな端末にARマーカーを表示する場合には、
『にの門』ARマーカーを直接開く などのリンク部をタップして、
直接画像を開くと画像を大きく表示できます。
※画像では「にの門」を表示しています。

2sp-use_01

ARマーカー表示(1台目)

 

リンクをタップして大きく画像を表示しています。

2sp-use_02

ARマーカー拡大表示(1台目)

 

「ARマーカーを読み取り」する端末側の操作

以下手順で、1台目に表示したARマーカーを、
2台目の端末で読み取ります。

「ARマーカーを読み取り」する端末側の操作

表示した「ARマーカー(案内板・看板)」を、
2台目の端末にインストール済みの「姫路城大発見!アプリ」に映し読み取ります。

アプリのインストールは以下行えます。

アプリで[ARスタート]をタップすると、カメラが起動します。
カメラで1台目の画面を映します。

2sp-use_03

ARマーカー撮影(2台目)

 

アプリにARマーカーが認識されると、
動画が表示されたり「しろまるひめ」が現れたりします。

「左をみてね」と言っていますが、
場所によっては「左」とは限りません。(向いている方角による)
※端末を上下に動かしながら、ぐるっと周囲を見渡してみてください。

2sp-use_04

ARマーカー認識(2台目)

 

宙に動画が浮いているのが見えたら、
その中央の「再生ボタン」をタップします。
※これは、説明都合上、背景に方眼紙を置いて撮影しています。

2sp-use_05

ARコンテンツ表示(2台目)

 

動画が再生されます。
※マナーモードでは音声が再生されません。
マナーモードは解除するといいでしょう。

2sp-use_06

動作再生(2台目)

 

一部、実際の場所に行かなければ見れないものもありますが、
多くの動画は別の場所でも再生することができます。

このようにして、個々のARマーカーを画面に一旦表示して、
別の端末で読み取ることで、別の場所でARコンテンツを楽しむことができます。

長い待ち時間をより有効に利用できるように、
事前にこうしたコンテンツを利用されるといいでしょう。

 

尚、2015/04/06に確認したところ、
一部のARコンテンツは混雑緩和のために現在運用を見送っています。

実際の場所ではARマーカー(案内板)が利用できないものと思いますので、
この方法で事前に見ておくといいでしょう。

 


Google or AdMax Promotion (hmjinline)

公開日:

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

関連記事のご紹介です
 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略