姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

大手門駐車場・姫路城撮影スポット

姫路城の撮影スポットで「大手前駐車場」は、
「大手前公園」や「家老屋敷跡公園」と似て非なる意外なポイントです。
単に駐車の為だけに行くような場所に感じられますが、
これがちょっと変わったアングルからの撮影が楽しめます。

 

大手前駐車場・姫路城撮影スポット

「大手前駐車場」は姫路城へ車で来た人が、
まず最初に停めたいと思う好立地な駐車場で、
一番早くに満車になってしまう印象が強い場所です。

この「大手前駐車場」から見た姫路城は、
ちょっと変わったアングルが楽しめます。

が・・・駐車場です。かつ、いいアングルが撮れるのは
「バス専用駐車場」になっている西側のエリアです。

 

その為、日中はバスが邪魔していまいち撮影ができない状態です。

というか、この状態にトコトコ歩いて入っていったら、
まず追い返されますね^^;

vs-otemae-parking_01

バス専用エリア・大手前駐車場

 

そうなると、駐車場の外から撮影することになるため、
普段は西の丸の「ワの櫓」を入れた撮影になりがちです。
※道路沿いからは、姫路城が微妙に見えにくい位置になっています。

vs-otemae-parking_02

西の丸とワの櫓・大手前駐車場

 

夕方を狙う

こうしたバス専用エリアは夕方以降は、
バスツアー客も減り、停車するバスもかなり減ります。

2015/04/11(土) 17:06頃の状況です。
かなりさっぱりしています。

vs-otemae-parking_07

バス専用エリア(夕方)・大手前駐車場

 

こうした時間なら停車しているバスの状況にも寄りますが、
撮影がしやすくなります。

大天守群に寄っています。

vs-otemae-parking_08

姫路城天守群(夕方)・大手前駐車場

 

さらに大天守に寄っています。

vs-otemae-parking_09

姫路城大天守(夕方)・大手前駐車場

 

引いたアングルの西の丸を含めた撮影には運も必要です。
今回は手前に停まっていたバスの頭がどうしてもフレームに入ってしまい、
西の丸全体をおさめるのは困難でした。

夜間を狙う

夜間の撮影であれば、こうした制限もさらに解消されます。
夜間立ち入り禁止にはなってませんが、節度ある撮影を。

 

また観光バスは基本的に日中しかいませんので、
一般の駐車場とは異なって、誰も入ってきません。撮影には好条件です。
※多少、停車中のバスが居ますが、
これは宿泊客を待つバスが一夜を停車しているものと思われます。

夜間の撮影を青と白のライトアップでご紹介しています。

 

これは、およそ上の地図でプロットした位置からの撮影で、
撮影時に高さが欲しいため、植栽の花壇に上がって撮影しています。

ご旅行の際などにはちょっと面倒くさい撮影スポットにはなりますが、
「人とは違ったアングルの撮影がしたい」という方には、

こうした撮影スポットもお勧めします。

 


Google or AdMax Promotion (hmjinline)

公開日:
最終更新日:2015/05/10

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

関連記事のご紹介です
 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略