姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

西の丸(北門跡)・姫路城撮影スポット(撮影ポイント)

「城内(有料観覧エリア)」からの撮影スポットで、
「西の丸(北門跡)」からのアングルは天守群を西から望めるポイントです。
小天守との重なりによる立体感ある姫路城が撮影できます。

 

西の丸(北門跡)・姫路城撮影スポット(撮影ポイント)

「西の丸(北門跡)」は西の丸からの、
緩やかな坂の途中からの撮影がお勧めなのですが、
グランドオープン以降、北門跡からのこの坂は通り抜けできなくなっています。
※2015/05/15現在

2016/07/18追記
通行禁止は現在、解除され通行が可能になっています。

その為、工事用の柵手前から撮影する形になりますが、
城内からの西側アングルを綺麗に収めることができる貴重なスポットです。

vs-nishi-north_01

西の丸北門跡

 

地図では以下のような位置にあります。

 

坂に立ち入れなくても、こうしたアングルで撮影ができます。

vs-nishi-north_02

大天守群・西の丸北門跡

 

現在は、柵があって撮影できなくなっていますが、
姫路城の大天守と北側の「はの門」や「はの門東方土塀」などを、
一緒に収めたアングルの解放感がいいポイントでした。

vs-nishi-north_03

姫路城全景・西の丸北門跡

 

西側のアングルは乾小天守が隠されるものなく写すことができ、
迫力ある角度で姫路城を収めることができます。

vs-nishi-north_04

大天守群・西の丸北門跡

 

西側から「本丸(備前丸)」の石垣を一緒に収めたアングルも、
とても開放的な印象になります。

vs-nishi-north_05

大天守群と本丸(夕暮)・西の丸北門跡

 

少し夕暮れの光では柔らかい印象になります。

vs-nishi-north_06

大天守群(夕暮)・西の丸北門跡

 

その他の撮影スポットは以下から見れます。

 

2016/04/05追記

昨日、西の丸(中央)に居た時に、夕日に染まる姫路城に出逢いました。
すぐに西の丸北門跡に移動し、夕日撮影を行いました。
西の丸から夕日撮影は滅多にないことなので嬉しかったです。

illuminated-sunset-sideviews_02

西の丸北門跡(夕焼けに染まる姫路城)


Google or AdMax Promotion (hmjinline)

公開日:
最終更新日:2016/07/18

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

関連記事のご紹介です
 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略