姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

二階(大天守)

姫路城の2階は外観から印象的な連立した格子が設けられている階です。
非常に大きな格子部分はそのデザイン性だけでなく、
天守の下部石垣に取り付く敵に対して、石落しで攻撃することができる
非常に機能的な設備でもあります。
西面の千鳥破風からは外に出て屋根の上に出られるなど、
非常に興味深い設備のあるフロアです。

 

二階(大天守)

大天守の2階は姫路城の南面から見た場合、
およそ以下のような位置にあたります。

daitenshu_detail_2f

大天守(南面・階層割2階)

 

大天守の2階に登ると中程に案内板が設置されています。

daitenshu_f2_1_01

姫路城大天守(2階)配置図



※矢印は順路を示します。
→(青)」は行き(登り・登閣)を示します。
→(赤)」は帰り(下り・降閣)を示します。
大天守内のルートは予告なく随時変更される場合があります。
内覧時に変更されていた場合には Twitter からご連絡頂けますと幸いです。

案内板

案内板には見どころが紹介されています。

daitenshu_f2_1_02

姫路城大天守(2階)案内板

 

案内板に表示されているQRコードを読み取ると、
スマホでそのフロアの見どころなどの紹介を確認することができます。

 

武具掛け

武具掛けは壁に設けられた突起で、
この突起を利用して槍や鉄砲などを掛けて収納しておくものと言われています。

案内板では武具掛けについて紹介されています。

武具掛け

大天守には多くの武具掛けがありました。通常、天守が武器倉庫として使用されていた名残です。

daitenshu_f2_1_03

武具掛け・案内板詳細

 

壁一面に壮大に並んでいる武具掛けです。

daitenshu_f2_1_04

武具掛け

武具掛けの詳細は以下でご紹介しています。

 

破風の間

破風の間は姫路城の屋根に設けられた千鳥破風の
内部に設けられたスペースを言います。

案内板では破風の間について紹介されています。

破風の間

天守入口に架かる入母屋破風の屋根裏の空間です。格子窓の一つは開閉できるようになっています。

daitenshu_f2_1_06

破風の間・案内板詳細

 

破風の間は外から見るとこのような位置に設けられています。

daitenshu_f2_1_10

破風の間外観

破風の間の内部は狭いスペースですが、
開けられた窓から光が差し込み明るい空間になっています。

daitenshu_f2_1_07

破風の間

 

破風の間の詳細については以下でご紹介しています。

 

出格子窓

出格子窓は姫路城の外観に大きな影響を与えている部位になります。

壁から張り出した格子窓が美しくも機能的に設けられています。

案内板でも出格子窓が紹介されています。

出格子窓

南側の唐破風の下は大きな出格子窓になり、窓の下は石落しになっています。1重軒を貫通し、天守台石垣下まで見渡せます。

daitenshu_f2_1_13

出格子窓・案内板詳細

 

出格子窓は外から見ると以下の場所に設けられています。

protrude-lattice-window_04

姫路城南側2階・外観出格子窓部

 

出格子窓の内部は美しく連なる格子とともに、
石垣に取り付く敵を攻撃する石落しが設けられた機能的な設備でもあります。

daitenshu_f2_1_16

出格子窓部と石落し

 

出格子窓の詳細については以下でご紹介しています。

 

大天守の2階には姫路城の外観に大きな影響を与えている部分を、
内部から眺めることができるフロアでもあります。

出格子窓は胸高の位置にある為、内部を覗くことはできませんが、
外から見えた連なっている格子の部分に今自分がいるのだと思うと、
また違った印象を感じることができるかもしれません。

 

上の階へは以下から行けます。

下の階へは以下から行けます。

なお、大天守の全体については、以下でご紹介しています。

 


Google or AdMax Promotion (hmjinline)

公開日:

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

Google or AdMax Promotion (hmj_link)

関連記事のご紹介です
 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略