姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

桜門〈消失〉(さくらもん)

「桜門」は姫路城の大手口の城門の一つで、
明治時代に取り壊されて現存していない城門です。
「桜門」は「桐の一門」「桐の二門」の3つの城門で二重の枡形を形成し、
城内では最も格調高く厳重な城門の一つでした。

 

桜門〈消失〉(さくらもん)

現在、「桜門」は消失してみることはできませんが、
現在の桜門橋前の案内板の「播州姫路城図」に書かれています。

ote_12

当時の大手門(播州姫路城図)

 

また姫路城内の菱の門前(有料観覧エリア内)にある、
世界遺産姫路城の「案内板絵図」にも「桜門」の存在が書かれています。

ote_02

大手門(姫路城絵図)

 

今はもう存在しておらず、「大手門」だけが存在しています。
しかし、大手門は昭和13(1938)年に建てられたものです。

当初の面影を感じることは難しくなっていますが、
この大手門も非常に精巧に作られており建造は  79 年前 となっています。

じっくり見てみると現在の大手門も十分に立派なものであることがわかります。

 


Google or AdMax Promotion (hmjinline)

公開日:

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

関連記事のご紹介です
 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略