姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

2階からも攻撃できる石落しがある「菱の門」2階の入口はどこ?

姫路城の櫓門には攻め入った敵を攻撃するための設備として、
「石落し」が設けられているものが多くあります。
櫓形式で複数の階層建てになっていますが、
その2階への入口もなるべく敵からは見つかりにくいように工夫がされています。
ここでは姫路城の代表的櫓門「菱の門」の2階入り口についてご紹介します。

 

2階からも攻撃できる石落しがあるけど「菱の門」2階の入口は?

「菱の門」は姫路城に入って最初の門で、
姫路城で最も荘厳な立派な門構えをした櫓門であり、
桃山時代の豪華さを当時の柱、長押、舟肘木を当時のままのこす代表的な櫓門です。

菱の門の詳細については以下でご紹介しています。

 

菱の門の石落し

この門を潜る際に、門の外側で見上げてみると、
網格子が施工されている部分を見つけることができます。

この網格子は当時のものではなく、
のちに安全の為に設置されているものですが、この部分が石落し構造になっています。

hanabishi_11

櫓の石落し

 

門の2階から、この部分の蓋を上げると、

門の手前に迫った敵を上から、
石や槍で攻撃したり、弓を放ったりできるような構造になっています。

hanabishi_12

櫓の石落し(拡大)

 

さて、となると・・・
菱の門の2階にはどこかから上がる事ができる事になります。

 

菱の門の外観

表、裏双方から菱の門を見てみます。

当然ながら、表側(外側)から2階に上がれてしまっては防御になりません。
それらしき階段も見えず、

石落しだけでなく格子窓から攻撃ができるようになっているのが分かります。

hanabishi_02

菱の門

 

裏側(内側)からの菱の門です。

門の左右には、馬見所(左・東側)と門番所(右・西側)が設けられています。

ずっと、このどちらかに階段があるのだろう・・・そう思っていましたが、
もしこの城門を突破された場合、
馬見所と門番所それぞれの扉1枚で菱の門全体が落とされることになります。

そんな弱い構造になっているとも考えにくいのです。

hanabishi_13

菱の門正面(内側)

 

入口は巧妙に隠されている

菱の門を潜って三国堀に入ると、道は三国堀を挟んで2手に分かれます。

  • 北に向かう(上)
  • 東に向かう(右)

天守を目指して攻め入るわけですから、
普通に進むなら、このどちらかです。

gate-hishi

菱の門_門配置図

 

そして、天守攻めとは全く無関係な、西の丸方面へ進む道(南西方向・左下)があります。
通常はこちらに攻めていこうとすることは皆無でしょう。

現在ではこの西の丸へ進む方向には、門はありませんが、
ここにも当時は「西の丸南門」と呼ばれる櫓門がありました。

その為、天守攻めとは無関係な「西の丸南門」方向に進もうとするだけでも、
攻撃を受けることになります。

天守と無関係な方向に進んで、討ち死にするくらいなら、
普通に天守を目指すでしょう・・・。

 

この無関係と思われる方向を見てみます。

門に食い込むように石垣が設けられ、
石垣上部から菱の門外の敵を狭間から攻撃できるようになっています。

攻め込んだ際にはこの石垣の上の兵から攻撃を受けることでしょう。

hanabishi_22

菱の門西側の石垣

 

石垣を違った角度から見てみます。

どうでしょう、隠し扉が見えています。
隠してあるわけではないですが、目立たない位置に扉が設置されています。

この菱の門2階にも兵を多く潜ませておいて、
2階の格子窓から攻撃しつつ、

攻め込まれた場合は、ここから次々と兵が出てくることが想像できます。

hanabishi_23

石垣上部から菱の門2階へ

 

入口は寄ってみるともう少し分かりやすいかもしれません。

hanabishi_24

菱の門2階入口拡大

 

私自身、これまで非公開の為、
菱の門内部の馬見所・門番所の内部は見たことがありません。

その為「馬見所・門番所の内部」に階段がないことを確認したわけではありません。

ですが、菱の門の2階へ入る扉はおそらくこの1か所だと思います。
文献などで根拠が確認できましたらまた追ってご紹介します。

 

Google or AdMax Promotion (hmjinline)

菱の門内部(門番所)が2017年初公開!

そんなこれまで公開されることがなかった菱の門内部がついに公開されます。

馬見所側(東)は非公開のままとなりますが、
西側の石垣が食い込んだ門番所内部が特別公開され、
直にこの目で見ることができるようになります。

タイミングが合うようでしたら、見学されてはいかがでしょうか。

 


Pitta Promotion

公開日:

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

Google or AdMax Promotion (hmj_link)

関連記事のご紹介です
 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略