姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

高窓(たかまど)

「高窓(たかまど)」は文字のまま高い位置に設けられる窓で、
籠城の際などに屋内で火縄銃を打つ際に出る煙を、
屋外に排出することを目的に開けられているものと言われています。

 

高窓(たかまど)

高窓は天守群内以外にも西の丸百閒廊下内でも見ることができ、
色々なところで見上げると高窓が開けられていることに気づきます。

代表的なものとして、大天守内の4階で紹介されています。

高窓(煙出し)

籠城の際に射撃すると、室内に硝煙が充満します。それを排出するための高窓です。

daitenshu_f4_08

高窓・案内板詳細

 

大天守4階では名の通り、天井に近い高い位置に窓が設けられています。

daitenshu_f4_09

高窓の配置

 

これは石打棚の上部、天井の梁横に窓が開けられています。

この窓を外から見ると、このようになっています。

比翼千鳥破風を避けた間の壁の高い位置に窓が開いているのが分かります。

daitenshu_f4_15

4階位置と千鳥破風の関係(南面)

 


Google or AdMax Promotion (hmjinline)

公開日:
最終更新日:2015/05/27

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

関連記事のご紹介です
 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略