姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

石打棚(いしうちだな)

「石打棚(いしうちだな)」は窓などの開口部から、
城外の敵を攻撃するなどの場合に、上に乗って応戦をする台を言います。
大天守内でも数か所みることができます。

 

概要(見出し)

石打棚

監視や射撃などを目的とした台で、兵が登って応戦するための台です。

大天守4階

この石打棚は姫路城の築城時に窓の位置が予想より高くなってしまったことから、
後付けで取り付けられたとも言われています。

この石打棚に兵が登り敵に構えている際に、
射撃の指揮をする者が外を見て指揮する場所がなかったりと、
不便さが感じられる為に、このように言われているようです。

石打棚

4階は大千鳥破風があるため、窓の位置が高くなってしまっています。棚を設けて、監視や射撃のため窓を使えるようにしています。

daitenshu_f4_03

石打棚・案内板詳細

 

石打棚には両端の数段の階段から登ります。
多くの兵が一度に乗ると、中程の人は飛び降りるしかなさそうです。
(たぶん箱などを後ろに置いて、乗り降りもしていたんでしょうね)

daitenshu_f4_04

石打棚の全体

 

石打棚の天面は滑り落ちたりしないように、
枡形の形になっていて、枠で囲まれています。

daitenshu_f4_05

石打棚の天板

 


Google or AdMax Promotion (hmjinline)

公開日:
最終更新日:2015/05/27

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

関連記事のご紹介です
 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略