姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

絵番付(えばんつけ・えばんづけ)

刻み番付の一つ「絵番付(えばんつけ・えばんづけ)」は、
大天守などの利用されている部材同士を組み付ける際に、
部材にあらかじめ刻み付けている「絵」を見て、
組み付ける場所などを判断しやすくするために利用されるマークです。

 

絵番付(えばんつけ・えばんづけ)

絵番付は大天守内の3階・東側の大千鳥破風内部で見ることができます。

daitenshu_f3_1_01

姫路城大天守(3階)配置図

大天守内の降閣ルート内で「武者隠し」の前にあることから、
あまり気づかれることなく、通り過ぎてしまうことも多いようです。

daitenshu_f3_2_15

大千鳥破風内絵番付位置

 

東面の足元付近を見てみると、
木の葉をモチーフにして彫られた跡を見ることができます。

daitenshu_f3_2_16

絵番付イメージ

 

少し南寄りの位置にも、木の葉が分かりやすく彫られています。

daitenshu_f3_2_17

絵番付

 

こうした絵柄を頼りに、部材同士を組み立てる際に、
絵を合わせて組み付けることで設計通りに組み合わせていけるよう、
工夫されていたと言います。

 

絵柄を合わせれば正しいことが分かるように工夫されていることで、
図面が読めない人でも正しいことがわかるとはよく考えられているものです。

 

大天守3階は以下でご紹介しています。

 


Google or AdMax Promotion (hmjinline)

公開日:
最終更新日:2015/05/27

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

関連記事のご紹介です
 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略