姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

11/13(月).11/14(火)に狙え!姫路城ファンタジーイルミネーション・彩時記2017【終了】

      2017/11/15

2017/11/10(金)~26(日)まで開催中の「姫路城ファンタジーイルミネーション」「彩時記2017」は、
姫路城の冬の季節のライトアップイベントの目玉です。
週末に行こうと考えておられる方もいる事でしょう。
しかし、ちょっと待ってください。
11/13(月).11/14(火).15(水)の2日間は特別な姫路城とのコラボが楽しめます。

2017/11/14追記
※本記事は2017/11/13.11/14開催の姫路城ブルーライトアップと彩時記2017イベントをお知らせしたものです。
イベントは既に終了しており、 10 日前 の情報となっています。

尚「姫路城ファンタジーイルミネーション」「姫路城 x 彩時記2017」は2017/11/26(日)まで開催中です。
姫路城の夜間白色ライトアップにて幻想的な夜を楽しむことができます。


2017年度の次のイベントは、折廻り櫓(備前門)の内部公開となっています。

2017/11/13 緊急訂正
姫路城大入サイトのブルーライトアップ開催日が急遽訂正され、
ブルーライトアップの開催日が 11/13(月).11/14(火) の2日間に修正がされていました。
お詫びして訂正いたします。

当記事の内容によって、11/15(水)にご予定の調整をされた方々は、
11/15(水)にはブルーライトアップが行われないという事をお伝えしたい気持ちでいっぱいです。

公式サイトからの紹介ではありましたが、
結果として誤情報をお知らせする事になりまして申し訳ありませんでした。


ただ、元々ブルーライトアップなどは1日開催が基本で、
前日の13日にライトアップを行うこと自体が、異例の対応となっています。

翌日の15日ライトアップが、前日の13日に変更になった経緯はわかりませんが、
本来はライトアップが開催されないはずの日のブルーライトアップの為、
前日13日のブルーは「おまけ」程度(15日だったとしても同じ)のものになります。

2017/11/14追記
前日13日のブルーライトアップの模様を撮影してきました。
ファンタジーイルミネーションも混雑が緩和されて楽しみやすくなってきています。

illumination-with-blue2017done_01

三の丸広場(南西)・青1・ブルーxファンタジーイルミネーション

 

11/13(月).11/14(火)はブルーライトアップが開催!

姫路城のブルーライトアップと言えば、
自閉症啓発を目的とした暖かい季節にみることが多い私です。

liub_blue-lightup2017_11

三の丸広場中央・2017年のブルーライトアップ姫路城

ブルーライトアップの姫路城を様々なアングルでご紹介しています。

 

最近は春開催の「自閉症啓発デー」のライトアップが話題になりやすい(メディア含めて)です。
しかし、姫路城が最初にブルーに照らされたのは平成20年11月14日の糖尿病デーなのです。

これは現在も毎年開催されています。(サボってますが・・・だって同じ青だし ←オマエもか)

2 ブルーに輝く姫路城

平成20年(2008年)11月14日、世界各国のブルーライトアップ・記念イベントが開催された。これは平成18年(2006年)12月、国際連合で指定された「世界糖尿病デー」の制定を記念してのイベントである。平成19年(2007年)11月14日に初めて「糖尿病の予防と治療に対する啓発」を目的に万里の長城など世界約180箇所で糖尿病啓発シンボルカラーである「青にライトアップ」された。同年、我が国のブルーライトアップのお城には、岡山城、松江城、富山城、金沢城石川門、岐阜城であった。平成20年(2008年)11月14日には、初の姫路城ブルーライトアップが行われた。姫路城は、同年10月7日に約10分間試験点灯が行われた。そして、好天に恵まれた当日、159灯の白熱電球の内50灯に青いアクリル板がかぶせられ、姫路城が白色から青色に変身した幻想的な姿を見せてくれた。この時、姫路城を初め世界約1000箇所でライトアップされた。

(引用)世界文化遺産 国宝姫路城の築城と大天守及び大棟の鯱ー古文書と郵便絵はがき・古写真を探るー/編者著者 中内勝信/発行者 中内勝信

 

さて、このライトアップイベントが2017年も開催されます。
公式アナウンスがあまり見受けられませんが、

姫路城管理事務所さんが「やる」と言っています。(これは間違いない)

※2017/11/13訂正・正誤
以下の通り、差替えをさせて頂きます。

【正】

2017.11.05 [お知らせ] 11月14日(火)は世界糖尿病デーです。姫路城では糖尿病抑制に向けたキャンペーンのため、13日・14日の2日間、シンボルカラーのブルーにライトアップします。

(抜粋引用)世界文化遺産・国宝・姫路城 大入実況|姫路城管理事務所
(Evernote)https://www.evernote.com/shard/s380/sh/681320ed-c39d-492b-a086-fd79c13cace1/3fc92d6886723105562815b1692370c3

【誤】

Evernoteによる魚拓(リンク先)の通り、
記事公開時点の11日時点では以下の通り「14日・15日の2日間」となっておりました。

2017.11.05 [お知らせ] 11月14日(火)は世界糖尿病デーです。姫路城では糖尿病抑制に向けたキャンペーンのため、14日・15日の2日間、シンボルカラーのブルーにライトアップします。

(抜粋引用)世界文化遺産・国宝・姫路城 大入実況|姫路城管理事務所
(Evernote)https://www.evernote.com/shard/s380/sh/104c3184-d263-4078-8edf-af50777bcd78/45be96ff8f3680ef2b7a528252b1ae35

 

Google or AdMax Promotion (hmjinline)

ブルーライトアップ × 天守姫路城ファンタジーイルミネーション・彩時記2017

となると、気にもしていなかったブルーライトアップでしたが話は違ってきます。
時は「姫路城ファンタジーイルミネーション・彩時記2017」の開催真っただ中のブルーライトアップです。

その為、この2日間は、以下のような写真でバックの天守がブルーに輝きます。

illumination2017_02

大手門前・ファンタジーイルミネーション

illumination2017_04

ファンタジーイルミネーション1・ファンタジーイルミネーション

illumination2017_06

ファンタジーイルミネーション3・ファンタジーイルミネーション

 

ただし、宙に浮いているバルーンは特別開催日のみのイベントになりますので、
11/13(月).11/14(火).15(水)の2日間にはありません。

三の丸大路のライトアップとブルー姫路城のコラボレーションが楽しめます。

 

ブルーライトアップ × 城内夜間入城

その他、これまでに見逃した方も、
城内の、菱の門・三国堀・西の丸庭園などからもブルーライトアップ姫路城の撮影が行えます。

城内+ブルーライトアップの撮影チャンスは2016年夜桜会以来のチャンスになります。

cherry-blossoms-night2016-blue_06

西の丸ブルーライトアップ(夜桜会2016/04/02)

cherry-blossoms-night2016-blue_07

西の丸北門跡(夜桜会2016/04/02)

 

ブルーライトアップ 初の撮影アングルのチャンス到来(百間廊下内から望む)

これまでのブルーライトアップ撮影などでは姫路城内の一部や、
西の丸庭園内からの撮影を行う事ができました。

しかし、西の丸庭園に立つ櫓群・百間廊下内に立ち入る事はできませんでした。

2017年はそれが可能になります。

「彩時記」開催中は500円で内覧ができます。

百間廊下内から姫路城天守が見える窓は数少なく、
多くは庭園の木々に遮られあまり絵にはなりません。(又は立入禁止の部屋)

しかし、見えなくもない。

数箇所は撮影することができます。

ヲの櫓付近の窓より

まずは、ヲの櫓付近からの窓越しに天守にズームしています。

このようなより高さのある場所から天守を撮影する為、
見上の角度が小さく、より水平に近いアングルで天守を望むことができるようになります。

illumination-with-blue2017_03

百間廊下ヲの櫓脇からの天守(昼)・ブルーxファンタジーイルミネーション

この夜景自体は「彩時記」開催中は夜景撮影(白)が可能です。

そして、11/13(月).14(火).15(水)にはブルーの姫路城の撮影が初めてできるチャンスになります。

 

化粧櫓内の座敷前の窓

そしてもう一つ天守の撮影がしやすい窓として化粧櫓内の座敷手前の窓があります。
ここも同様に「彩時記」開催中は夜景撮影(白)が可能です。

illumination-with-blue2017_01

化粧櫓脇からの天守(夜)・ブルーxファンタジーイルミネーション

 

百間廊下の外部からでこれまで撮影が可能だった、
西の丸北門跡(化粧櫓の外東)からの撮影ではこのように撮影できます。

nishi-north_night_03

姫路城天守群(寄り2)・西の丸(北門跡)

 

ほとんど場所は似たような所でありながら、
全く別のアングルとして撮影ができているのが分かる事と思います。

 

もっと分かりやすく日中の場合でご紹介します。
「化粧櫓内の座敷前」の窓からの撮影ではこのように見えます。

illumination-with-blue2017_02

化粧櫓脇からの天守(昼)・ブルーxファンタジーイルミネーション

 

「西の丸北門跡(化粧櫓の外東)」からの撮影ではこのようになります。

reason-why-the-crowded-day-is-vacant_14

西の丸北門跡

 

本当に微妙だけど、妙に違う印象になるのが姫路城の面白さだと思うのですが、
見上げる角度が減り、より西面正面に近いアングルの撮影が、
化粧櫓内部から撮影できることがわかります。

そして、この微妙な違いでかつ、
ブルーライトアップの撮影ができるチャンスが到来します。

 

とてもマニアックな話ではありますが、
姫路城の撮影ができないアングルなどが新しくこうして撮影できるチャンスが出ると、
やはり嬉しくなってしまいます。(アホですね)

 

もし、ご興味がおありでしたらご予定の計画にお役立てください。

少なくとも三の丸広場からのブルーコラボは綺麗なんじゃないでしょうか?

11/14追記
初日開催の模様はこちら。

 


Google or AdMax Promotion (hmj_link)

 - 01.姫路城「グランドオープン」と推移 ,

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

関連記事のご紹介です
 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略

  関連記事

eye_illuminated-sunset-sideviews
女神が微笑んだ!西の丸からの夜桜会撮影で夕日に照らされる姫路城

姫路城の取材をしていてもなかなか撮れない姫路城があります。 願っても、狙っても撮 …

eye_cherry-full-bloom-night2016
【桜満開】 姫路城夜桜会はやっぱり満開の今がおすすめ!満開の芸術美【終了】

桜の満開に合わせて「姫路城夜桜会(2016)」へ行ってきました。 4/1、4/2 …

eye_clear-landscape-sannaru
【修復完了】姫路城の三の丸からの撮影が再び綺麗に撮れるようになりました

長く覆いに被さって姫路城の南面からのビューを邪魔してきた、 「リの一渡櫓・二渡櫓 …

eye_cherry-blossoms-night2016-white
姫路城「夜桜会2016」開催!桜色を重視した千姫カラーで西の丸と姫路城の競演!

今年2016年もついに「姫路城 夜桜会」が開催されました。 初日の2016年4月 …

eye_cherry-blossoms-end2015
散りゆく桜@姫路城2015・桜

姫路城の桜も2015/04/06には散り始め、若葉の装いに映り始めています。 散 …

eye_blue-lightup
姫路城が一日だけブルーにライトアップ!青の姫路城2015

姫路城は毎晩ライトアップが行われています。 そんな見慣れたライトアップが1日だけ …

eye_ri1-ri2_tower_repair
【解体済】リの一渡櫓・リの二渡櫓 保存修理工事特別公開施設が設置されています。

現在、二の丸の「リの一渡櫓」「リの二渡櫓」が修復工事に入っています。 その為、姫 …

eye_cherry-blossoms-night2017
姫路城「夜桜会2017」開催!桜開花わずかでも鮮やかに照らされる西の丸

今年2017年もついに「姫路城 夜桜会」が開催されました。 初日の2017年4月 …

eye_cherry-blossoms-night2016-blue
姫路城夜桜会とブルーライトアップが同時開催でさらに幻想的な青の姫路城

2016年4月2日を迎え姫路城の夜桜会と、 自閉症啓発デーのブルーライトアップの …

eye_not-too-white-himejijo
『白すぎ城』お世辞になるほど馴染んできてますよ。いつ行くか?今でしょ!?(姫路城)

最近は話題にならなくなってきた「白すぎ城」こと「姫路城」 話題にならない今、姫路 …