姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

2016年・姫路城北面のライトアップが一層鮮やかになりました

      2016/10/02

2016年9月現在に確認したところ姫路城北面の夜間ライトアップが、
これまで以上に鮮やかになっています。
これまでの薄暗いイメージから明るくなり、
静かに恋人同士でゆっくり姫路城のライトアップを楽しむには、
とてもいいムードになっています。

姫路城北面を望むスポットにシロトピア記念公園があります。
夜間は照明があるものの、通路以外はかなり暗い公園になります。

治安が悪いという事はありませんが、手放しに安心できる雰囲気でもありません。
近隣に住居もなく物静かな場所ですので、
夜に行かれる際には不審者が寄ってきていないかなど自衛には心掛けて下さい。

なお、早朝・日中はゲートボール・ランニングなど多くの人が利用して、
常に人が往来するオープンな公園です。

姫路城北面のライトアップが一層鮮やかに

さて、ではどのようにライトアップが変わったのか?
という点ですが、これまでの推移を見ていきます。

2015/04/23:日中(参考)

以下は、夜間ではない日中のシロトピア記念公園からの姫路城北面です。
大天守の手前に東小天守(左)、乾小天守(右)が写り、
小天守を渡り櫓(ロの渡櫓(国宝・天守付随))が繋ぐ構造が見て取れます。

余談ですが、一番左下に見えている櫓はヘの渡櫓と呼ばれる櫓です。(現在は立入禁止で近寄れません)

vs-shirotopia-park_05

北腰曲輪側・シロトピア記念公園(グラウンド)

 

さて、日時は少々前後しますが、この頃の夜間ライトアップです。
(以後は時系列でご紹介)

2015/03/31:通常ライトアップ

2015年3月の北面ライトアップです。
正直、大天守の上の方と、乾小天守(右)が少し見える程度で、
東小天守はほとんど光が当たっていません。

5-shirotopia_night_05

姫路城北面・⑤シロトピア記念公園

 

2015/10/01:乳がん啓発ピンクライトアップ

それから半年ほど過ぎた10月です。

特別なイベントのライトアップですが、
姫路城の北面は、うっそうと生い茂った姫山原生林が広がった崖地です。

その為、北面に対してサーチライトなどを設置する場所がなく、
イベント時でも北面は暗くなる状態にありました。
※サーチライト設置ができないことについては2016年も同様である模様(一部の情報による)

vs_pink-shirotopia-park_01

姫路城北面ピンクライトアップ・シロトピア記念公園

 

2016/04/02:自閉症啓発ブルーライトアップ

年は変わって2016年4月グランドオープンから1年を迎え、
姫路城の混雑も落ち着きを見せ始めた頃です。(この日は激混みですが)

何やら雰囲気が変わっています。
青色は大天守などの限定された場所にしか当たっていませんが、
東小天守(左)も乾小天守(右)もはっきりと見えています。
(当時は全く気付きませんでしたが)

10views_blue-shirotopia_05

青の姫路城北正面・⑤シロトピア記念公園

 

この頃の通常ライトアップの写真があれば良かったのですが、
諸々の事情によってあまり姫路城に行けていませんでした。。。
(妻子がいるとなかなか夜遊びもできないw)

2016/09/21:認知症啓発オレンジライトアップ

つい先日の認知症啓発にてオレンジにライトアップされた姫路城北面です。

いかがでしょう?
各小天守が照らされていることもそうですが、
最初に余談で書いた、ヘの渡櫓の白壁もライトが当たっています。
(ブルーの時はまだ暗かった)

views_orange-shirotopia-park_02

姫路城北面と北腰曲輪の櫓郡オレンジライトアップズーム・シロトピア記念公園

 

さらに、これまでシロトピア記念公園の下から姫路城までの全体を撮影することは皆無でした。
(街灯の明かりしかない真っ暗闇で撮る意味がなかった)

ですが、下から上までの縦アングルで撮ると、
以下のように土塁の上の木々を明るくオレンジ色に照らしています。
(というか、サーチライトの光が森に当たってしまっている)

views_orange-shirotopia-park_03

グラウンドからの縦アングルオレンジライトアップ・シロトピア記念公園

 

Google or AdMax Promotion (hmjinline)

2016/09/24現在の通常ライトアップ

オレンジライトアップは基本的に既存の姫路城照明に対して、
オレンジ色のフィルターを付加して、色を変えている照明のはずです。
(詳細は不明ですが、城外でサーチライトの設置はありませんでした)

その点ではブルーライトアップと同様なわけですが、
2016年のブルーとオレンジを比較すると明らかにオレンジが鮮やかになっています。

となると、通常期とイベント時の違いではないことを確認するため、
通常期の撮影を行ってきました。

公園全体から姫路城を見ています。
やはり何本ものサーチライトが、
土塁上の木々と姫山原生林の森を照らしているように見えます。
パッと見は3か所のライトアップが確認できます。

more-vivid-north-face-light-up_01

姫路城全体ライトアップ・シロトピア記念公園

 

大天守周りだけを見ても、各段に明るくなっています。

more-vivid-north-face-light-up_02

天守群ライトアップ・シロトピア記念公園

 

これだけ明るくなっていれば北面の夜景も十分楽しめるようになったと思います。

more-vivid-north-face-light-up_03

天守群ライトアップズーム・シロトピア記念公園

ちなみに最初にご紹介した、2015年3月の北面ライトアップです。
違いは歴然。

5-shirotopia_night_05

姫路城北面・⑤シロトピア記念公園

 

姫路城のライトアップは夏季と冬季で、
本来は色合いが異なる照明で照らされているとされています。
(※ 4月1日~10月31日=白色系、11月1日~ 3月31日=暖色系)
2016/09/24撮影時は「白色系」であるはず。

しかし、デジカメで自動ホワイトバランスで撮影すると、
いつでも同じような白色になってしまうので、気づきにくいものです。

目で見た色に近くすると実際は以下のような、色合いで見えます。
白色系でも柔らかい色味の白で見えます。

more-vivid-north-face-light-up_04

冬季のライトアップ色・シロトピア記念公園

 

さてこの森を照らすライトアップの犯人は、
姫山公園の北側にある土塁外側の内濠に行くと分かります。

以下は姫路市立美術館裏(西側・兵庫県立博物館前辺り)から内濠を見ています。
サーチライトの光が天守方向に何本も伸びています。

more-vivid-north-face-light-up_05

内濠外に設置されたサーチライト・シロトピア記念公園

 

サーチライト直下付近に行くと、
かなり明るい光で城と森を照らしていました。

more-vivid-north-face-light-up_06

サーチライトが森と城を照らす・シロトピア記念公園

 

このサーチライトがいつから設置されたのかは、
シロトピア記念公園に行く回数が少なく分かりません。

ただ、前回の2016年4月には建物が少しだけ明るくなり、
9月には森を照らすほどに明るくなっていることは事実です。

 

2016/10/01に実施される予定の、
乳がん啓発「ピンクリボンライトアップ」のイベントでも、

サーチライトが設置できないという北面が標準で明るくなったことから、
オレンジライトアップ同様に昨年とは違った鮮やかな北面ライトアップを魅せてくれるでしょう。

 

2016年ピンクライトアップ開催!

昨日(2016/10/01)にピンクリボンライトアップ
グローバル ランドマーク イルミネーションが開催されました。

先ほどご紹介した昨年のピンクライトアップの北面と、
今年の北面を比較してご紹介します。

2015年ライトアップ

まず2015年ライトアップをシロトピア記念公園から見ています。

vs_pink-shirotopia-park_01

姫路城北面ピンクライトアップ・シロトピア記念公園

 

2016年ライトアップ

2015年の写真は少し露出が強い写りになっていますが、
2016年は露出を抑えてもそこそこ鮮やかに写っています。

また、東小天守やヘの渡櫓の白壁までしっかり照らされています。

pink-lightup2016_12

シロトピア記念公園・ピンクライトアップ2016

 

一部、サーチライトが消されている部分もありましたが、
北面のほぼ正面のサーチライトは点灯され、
姫山公園の土塁の木越しに照らしています。

pink-lightup2016_10

シロトピア・ピンクライトアップ2016

 

これでイベント時も通常時も姫路城の北面が鮮やかに照らされて、
北側からの夜の姫路城をより一層楽しみやすくなりました。

グランドオープン後もこうやって少しずつ綺麗に見えるように工夫をしてくださる
姫路市職員の皆さまに感謝申し上げます。

 


Google or AdMax Promotion (hmj_link)

 - 03.インフォメーション

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

Pitta Promotion

関連記事のご紹介です
 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略

  関連記事

eye_cherry-blossoms20160404
【終了(4/8):開催概要】2017年4月8日 姫路城『観桜会』(平成29年)

2017年も姫路城恒例のイベント「観桜会(三の丸広場お花見イベント)」が開催され …

eye_himeji-castle-august
【ご注意】姫路城は台風接近時など登閣が制限される場合があります。

2017/08/07(月)は近畿地方にも台風5号が接近し、 強風、悪天候の為に姫 …

eye_himeji_bus_pin_g
「姫路城ループバス 1日乗車券」で一般路線バスも乗降可能(一部)となっています

12月1日より、神姫バスの「姫路城ループバス 1日乗車券」を利用して、 姫路城ル …

eye_binoculars-available
大天守6階の双眼鏡が利用可能になっていました

高台の観光地といえば「コイン双眼鏡」以前はよく見かけましたよね。 姫路城の大天守 …

eye_vs-zoo-south
【無料・終了】姫路市立動物園・無料開放実施。4/9まで!(姫路城併設動物園)

毎年恒例の桜の花見期間中の混雑緩和を目的とした、 姫路市立動物園の無料開放が始ま …

eye_caution-east-passage-with-children
姫路城東側通路を子連れで通行する場合はご注意を!(喜斎門跡・美術館方面)

2017/04/01(土)から通行規制が解除された姫路城の東側通路には、 現在も …

eye_himeji_lbus_icon
【期間終了】姫路城ループバスは『土日祝』のみ運行されています(2016/12/01~2017/02/28)

姫路城ループバスは姫路駅周辺を周遊するワンコインバスです。 そのノスタルジックな …

eye_window-of-vision-ar_marker-opend
「幻の窓」ARマーカーが大天守6階で公開されるようになりました。

これまで一時的に非公開になったり、1Fに移動されたりと、 なかなか出会う機会の少 …

eye_egret-himeji
イーグレー姫路の屋上は姫路城のベストビュー

姫路城を高台から望むスポットは姫路城から遠くなりがちです。 近くで望めるスポット …

eye_6f-installation-gridnet
大天守6階の窓に設置された格子網が痛々しいことに

2015年夏に確認することができるようになった、 姫路城大天守6階窓に設置された …