姫路観光の見所・ポイントを徹底的に解説しています。姫路城だけでなく姫路に来た際に役に立つ周辺情報もご紹介しています。

【終了】2016/03現在「石垣の稜線(継ぎ目のある石垣)」を見ることができません・リの一渡櫓・リの二渡櫓 保存修理工事中

      2017/03/11

姫路城ではグランドオープン一年後の2016/03/27現在は、
「リの一渡櫓・リの二渡櫓 保存修理工事」が行われています。
その為「石垣の稜線(継ぎ目のある石垣)」は観覧することができませんので注意が必要です。

2017/03/11追記
修復工事が終了し再び「石垣の稜線(継ぎ目のある石垣)」を、
見ることができるようになりました。

 

2016/03現在「石垣の稜線(継ぎ目のある石垣)」を見ることができません

「リの一渡櫓・リの二渡櫓 保存修理工事」の工程では、
工事完了は平成29年(2017年)2月となっています。

工事期間中の立入禁止エリアは以下のようになっています。

cant-see-ru_gate_01

リの一渡櫓、リの二渡櫓改修期間立入禁止エリア

 

三国堀からリの一渡櫓方面を見ていますが、
大きな覆いが架けられて立入禁止処置が行われています。
※写真下部に単管の立入禁止のゲートが写っています。

足場の下に「継ぎ目のある石垣(旧呼び名:石垣の稜線)」があります。

cant-see-rockline_01

リの一渡櫓、リの二渡櫓改修足場囲

 

足場の下の工事前の様子はこのようになっています。
石垣に斜線が見えているのがわかりますでしょうか。

cant-see-rockline_02

リの一渡櫓、リの二渡櫓改修前

 

「継ぎ目のある石垣(石垣の稜線)」と「るの門」です。
斜線がはっきりと見えているのがわかります。

cant-see-rockline_03

リの二渡櫓下石垣と石垣の稜線

 

この継ぎ目は石垣の時代背景を表していると言われています。

姫路城の石垣には大きく分けて時代背景が5分割されます。

Ⅰ(1期:羽柴秀吉時代)からⅤ(5期:明治時代以降)まであり、
ここでは、Ⅰ期(羽柴秀吉時代)とⅡ期(池田輝政時代)、
そして明治時代以降の修復の分け目が見れます。

cant-see-rockline_04

石垣の稜線(継ぎ目のある石垣)時代解説

※池田輝政時代の石垣の上部の色が明治以降の石垣の色と似ていますので、
個人的には上部は明治の修復であると思っていますが、
公式な文献では上部までがⅡ期であると色分け表示されています。

  • Ⅰ期石垣(羽柴時代)
  • Ⅱ期石垣(池田時代)
  • Ⅲ期石垣(本多時代)
  • Ⅳ期石垣(江戸の修理)
  • Ⅴ期石垣(明治以降の修理)

(参考)「姫路城石垣の魅力」《姫路城城主郭部石垣変遷図》 姫路市城郭研究室 著

 

継ぎ目のある石垣(石垣の稜線)の案内板をご紹介しておきます。

継ぎ目のある石垣

この石垣はリの一渡櫓、リの二渡櫓を支える石垣で、リの二渡櫓下に石垣の角部が線(継ぎ目)になって見えています。この線から南側(右手)が羽柴秀吉、北側(左手)が池田輝政の時に築かれたものです。
姫路城の建物は西の丸をのぞき、多くが池田輝政によって築かれました。しかし、縄張り(曲輪の配置など)や石垣は、羽柴時代のものを引き継いでいるので、この石垣のように池田時代になって増築された場所に新旧の石垣の継ぎ目が生じたのです石垣には築かれた時期によって積み方に違いがあることがわかる事例です。

cant-see-rockline_05

継ぎ目のある石垣案内板

(引用)案内板より

 

改修が終わればまた公開されることになるとは思いますが、
あと1年弱は通行禁止処置が取られていますのでご注意下さい。

なお、同様に「るの門跡」も見ることができません。

写真ではなく疑似的に歩いてみたいということであれば、
デジタルのアーカイブで楽しんでみるのもいいかもしれません。

 


Google or AdMax Promotion (hmjinline)

 - 03.インフォメーション

シェア頂けると励みになります

最後までお読みいただきありがとうございました。
役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら光栄です

お問い合わせフォームからご連絡頂いても構いません

関連記事のご紹介です
 

AdMax Promotion

コンテンツ
すべて展開 | すべて省略
投稿のカテゴリ
すべて展開 | すべて省略

  関連記事

eye_1year
グランドオープンより1年 3/27よりも、次は桜満開時期が最盛期の姫路城

2016/03/27に平成の大改修・グランドオープンから1年を迎えた姫路城。 1 …

eye_6f-lattice-window
ワイヤー格子が取付され一眼レフでは撮影が困難に!姫路城大天守からの眺望はコンデジ・スマホがおすすめ!

姫路城のグランドオープンから大天守6階の眺望は、 少しずつ変わってきています。 …

eye_pink_lightup2015
【開催】ピンクライトアップ姫路城(開催概要)2016年も堂々開催!雨天決行!

今年、2016年も姫路城でピンクリボン活動のライトアップが実施されます。 姫路城 …

eye_sannnomaru-to-kisai-closed
【規制終了(解除)】三の丸公園⇔美術館方面 間の通り抜けができません(2016/07/12~2017/03/31)

喜斎門跡や姫路市立美術館、姫山駐車場など、 姫路城の東とのアクセスに利用する歩道 …

eye_jr-himejijo-gate2
【公開】2017.3.27からJR『姫路城口(北口)』の愛称で呼ばれる「姫路駅(北口)」

JR姫路駅に降り立ち姫路城へ向かう時に、どの出口から出れば姫路城へ行きやすいのか …

eye_cherry-blossoms-night2015
特別な一夜!2016/04/02を見逃すな。姫路城夜桜会とブルーライトアップが同時開催!【終了】

2016年の春。姫路城では非常に幻想的な一夜が生まれます。 昨年グランドオープン …

eye_shiromaru
引っ越していた!しろまるひめボードを再発見!

これまで姫路城の記念撮影スポットとして、 姫路城・入城口(大手改札)の横に設置さ …

eye_wing-plover-gables
【日本一!】姫路城・年間入城者数222万人達成!で日本一に。

先日、入城者数200万人を達成した姫路城が、さらにすごい記録を樹立しました。 熊 …

eye_6f-installation-gridnet
大天守6階の窓に格子網が設置されるようになっていました

大天守6階からの眺望は姫路城観光の目玉です。 そんな最上階の眺望を少し遮ってしま …

eye_himeji_bus_pin_ghd
神姫バス(姫路城)の正月運行は2017年1月1日~1月3日まで正月ダイヤ運行されます。

神姫バスは姫路駅から姫路城へ行く際に利用すると便利なバス会社です。 神姫バスでは …